中二病アーティストのコタン

人生をアートに!私のアーティスト活動や日常の雑記ブログです。

ロキドのアート作品

絵がうまくなりたいけど、下手でもいいと思う理由

投稿日:9月 13, 2018 更新日:

絵がうまくなりたい

そう思う人もいると思います。

大人になってもヘタだと

ちょっと恥ずかしい。

と思う人もいると思います。

元SMAPの草彅剛さんなどヘタだなと思ってしまいます。

しかし、味があっていいなとも思います。

私自身、絵が上手いとは思わないが

上手くなりたいともそんなに思わないです。

そう思う理由を話そうと思います。

 

 

写真そっくりに描いて意味あるの?

私の歳が10代の頃ですが

絵を描いていてふと思ったことがあります。

「実物そっくりに絵を描けたところで写真にはかなわない」

「では、絵を描く意味はなんなのだろうか」

それは技術的にはすごいと思いますが

絵を描く目的はなんなのでしょうか

風景を記録するために絵を描くのなら

写真のほうが優れています。

 

 

世の中には下手だけど上手い?人がいる

下手だけど上手いことをへタウマといい、

技巧は稚拙だけれど味があることをいいます。

ヘタウマな絵で思い浮かべるのは

素朴派の人達ではないでしょうか。

アンリー・ルソー、カミーユ・ボンボワなどです

ナイーブ・アートとも呼ばれる素朴派は

画家を職業としない者が、正式の教育を受けぬまま

絵を描いているので

上手いとはいえません。

日曜画家レベルなのです。

ですが、人々を惹きつける魅力があるので

評価されています。

 

 

ピカソはうまいの?へたなの?

パブロ・ピカソのことを

ほとんどの人は知っていると思います。

彼の絵ではゲルニカなど有名です。

彼の絵を見ると一見、小学生が描いていそうな感じがします。

キュビスムの絵をみてもよくわからないですよね。

しかしピカソは、ラファエロのように描ける画力がありながら

世間一般の人には理解されないような

絵を描いていました。

彼は「子供のように描けるようになるまで一生かかった」といっています。

このことから、絵はただうまければいいわけではないと言えます。

 

 

夢中になり描けばいいじゃない

生きている時は評価されず、死んでから有名になった画家もいます。

自分に技術が足りないと思えば学べばいいし、

自分の感性にしたがって、自分が美しいと思える絵を描けばよいと思っています。

それは、他の人に良い評価をされないかもしれません。

しかし今の時代、世界中の人に見てもらうチャンスがあります。

数十億の人々の中には自分の絵を

いいねといってくれる人が必ずいます。

自分の中のナニカを絵にこめれば、ナニカを感じてくれる人がいるはずです。

そんなことを考えながら、夢中に絵を描けばよいのではないでしょうか。

 

 

-ロキドのアート作品
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初体験

 今日からSUZURIというサイトで Tシャツなどのグッズを販売してみます。 始めてデザインしたものを売るので、ドキドキします。 ターゲットは、オタク系外国人です。   ????? &nbs …

no image

このTシャツを着てエナジードリンクを買うツワモノ求む

私のTシャツデザインもやっと第3弾です。 今回のコンセプトは エナジードリンクを買う時に着るTシャツ です。    エナジードリンク?   昨今、コンビニですぐ買うことができ 手軽 …

no image

売れないロックアーティストに着てほしいTシャツ

 私がデザイン活動を始めて、約3週間がたちました。 1週間に、1作品を発表できるように頑張りたいと思います。    今日は、第2作目の発表です。 また、SUZURIというサイトで Tシャツをデザインし …

「日本は単一民族国家」と言う人用のTシャツ制作

 「日本は単一民族国家」ですか?   「日本は単一民族国家」 このような発言で批判を受けた方々は   中曽根康弘、山崎拓、鈴木宗男、平沼赳夫、 島居康彦、麻生太郎、伊吹文明、中山成 …

SUZURIで初めて缶バッジをデザインし販売します

 デザインコンセプト 「ブラッククローバー」という中二病の人が見そうなアニメから発想を得ました。 主人公たちが持つ魔導書(グリモワール)にクローバーのマークが付いているのですが 主人公は世にも珍しい五 …