中二病アーティストのコタン

人生をアートに!私のアーティスト活動や日常の雑記ブログです。

メルカリ

メルカリでメッセージに顔文字を使う人が結構多いのね

投稿日:10月 17, 2018 更新日:

こんにちは

メルカリストのRokidoです。

最近、メルカリを使っていて、ふと気づいたことがあります。

始めての取引相手にも、顔文字を使う人が結構いることです。

 

いつ、そんなにフレンドリーな関係なったの?

 

とツッコミを少しだけいれます。

それとも、顔文字が市民権を得て

そんなに一般的に使われるようになったのでしょうか?

顔文字について真剣に考えてみました。

 

 

スポンサードサーチ

顔文字を不快に思う人もいます

本人は無意識に顔文字を使っているかもしれません。

しかし、友達とメッセージを交わす感覚で

取引相手にも顔文字を使うと

不快に思う人は一定数います。

そして、知らず知らずのうちに

あなたの評価を下げることになり

もう二度と取引したくないと思われる可能性もあります。

疑問や質問をみんなで解決するメルカリボックスをみても、

顔文字に関係するものが結構あります。

 

 

顔文字の良い点、悪い点

良い点としては

顔文字を使うことによってフレンドリーな感じがして

親しみやすさがでます。

簡単に感情の表現が伝わります。

 

悪い点として

ふざけた感じや、軽い感じがします。

中には、よくわからない顔文字もあり

何が言いたいのか伝わらない場合があります。

顔文字ばかり使ってきたら、

精神年齢が低そうな感じがして

面倒くさい相手だと思うことはありませんか?

 

やはり、お金をやり取りするので

相手の方が信用できるような言葉使いが求められます。

 

 

顔文字は日本だけのもの?

顔文字は、日本人の一部の人が

近年になり使いだした文化と思う人がいると思います。

しかし、調べてみると

文字文化の一部として定着していることがわかります。

世界各国で顔文字が使われていて

その国々の特徴があります。

欧米型の顔文字は90°左に倒れた形になっていて、例えば

🙂

↑で笑顔を表します。

中国なども特有の顔文字があり

囧rz

↑で落胆した様子を表すそうです。

世界的にみると1900年以前から

顔文字が使われています。

なので、顔文字は若い人だけの習慣ではなく

長い歴史を持った、

一つの文字文化と言えると思います。

 

 

メルカリで顔文字を使っていいの?

顔文字に長い歴史があるといっても

抵抗のある人達がいます。

顔文字なんぞ、けしからんと言う人達です。

なので、初めての取引相手に顔文字を使うのはひかえるか、

使うとしても、わかりやすい顔文字を少し使う程度にした方が無難です。

私は、相手が顔文字を使ってきたら、

顔文字を使ってメッセージを返すようにしています。

言葉や習慣は時代により変化していきます。

顔文字も一つの文化なので

相手に合わせて使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

-メルカリ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケット厚さ3cm問題

こんにちは メルカリストのRokidoです。 メルカリで書籍や服、小物など発送するとき、 ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットを多く使いませんか? 私は結構使うのですが、 厚さが3cm以内と決まっていて、 …

メルカリで一番安くジーパンを発送できる方法は?

こんにちは メルカリストのRokidoです。 メルカリで気をつけたいことですが、 衣料を畳んだら、 体積が思ったより大きいことってありませんか?   ジーパンを1枚送るのにも、 どの発送方法 …

聞かなくなったCD、見なくなったDVDをメルカリ便で出品する

こんにちは 最近、CDを聞いてますか? あまり聞いてないですよね。 DVDもあまり見なくなったと思いませんか? だって、パソコンとスマホがあれば音楽も聴けるし映画も見れちゃいます。   &n …

メルカリの商品が売れない君へ売れる秘密を教える

フリマアプリのメルカリを初めて使ってみたけど なかなか売れなくて困っているそこのあなたへ 出品した商品の9割ぐらい売れている私が 一子相伝の売れるコツを伝授します。 なぜ、9割も売れているのというと …

no image

メルカリって何か恥ずかしいよね。

何か恥ずかしくないですか? フリマアプリとして こんなに世間一般に広まっているのに 何が恥ずかしいかわかりませんよね。 私は、商品をどんどん出品していくほど恥ずかしくなってきます。 それは何故かという …