アフィリエイトの再訪問期間とは?クッキーの仕組みを理解しよう

アフィリエイトの再訪問期間とは?クッキーの仕組みを理解しよう ブログの運営方法
この記事は約3分で読めます。

アフィリエイトの再訪問期間とは

お客様がアフィリエイトリンクを踏んでも、何も購入や登録しないで離脱することがあると思います。
その場合、アフィリエイト報酬は発生しませんが、まだチャンスは無くなったわけではありません。なんと、
再訪問期間内にお客様が直接紹介したサイトに行き、商品購入や登録すればアフィリエイト報酬となるのです。
お客様がアクションを起こすのは数日以内だと思いますが、なるべくアフィリエイトの再訪問期間は長い方がいいという訳です。

再訪問期間の仕組みはクッキー

お客様がアフィリエイトリンクを踏むと、そのデーターはお客様のパソコンやスマホなどのデバイスに保存されます。
これを、cookie(クッキー)と言います。
クッキーが残った状態で商品購入や登録などをすると、アフィリエイト報酬が発生する仕組みです。

パソコンで広告をクリックしたけど、スマホで購入した場合などはデバイスが異なりますので報酬が発生しません。

他のサイトで同じ広告をクリックした場合

お客様が再訪問期間内に、別のサイトで同じアフィリエイトリンクを踏んだ場合はクッキーが上書きされてしまいます。
なので、新しくアフィリエイトリンクを紹介したサイトに成果報酬が入ることになります。

(例)
サイトAで広告を踏む
 ↓
サイトBで同じ広告を踏む
 ↓
商品購入するとサイトBのアフィリエイト報酬

主要ASPの再訪問期間一覧

再訪問期間はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)やプログラムにより異なります。
主要なASPについて、再訪問期間を調べて一覧にしてみました。
Amazonや楽天は、紹介した商品だけでなく、他の商品が売れても報酬を得ることができますので、短めの再訪問期間となっています。

ASP再訪問期間参考
Amazonアソシエイト24時間アソシエイトヘルプ
楽天アフィリエイト24時間内に「かご」に入れ、
クリック後89日以内の購入
楽天アフィリエイトヘルプ
A8.net30~90日間プログラムで異なる
afb90日間まーくんのアフィリエイト学校
バリューコマース60日間バリューコマースヘルプ
もしもアフィリエイト30~90日間プログラムで異なる
アクセストレード90日間よくある質問
ASPの再訪問期間一覧(2020年8月現在)

【まとめ】再訪問期間より記事の質が大切

アフィリエイト報酬を得るには、記事を見たお客様にアクションをすぐ起こさせることが大切です。
例えクッキーに記憶されても、お客様がデバイスを変えたり、他のサイトで同じ広告を踏んでしまうと、報酬が発生しなくなってしまいます。

なので、プログラムの再訪問期間を気にするより、記事の満足度を上げることが大切です。
1つの記事で十分に説明できない時は、内部リンクで網羅性を上げて離脱されないようにしましょう。

記事を書いた人
ロキド@ブログ歴3年

ブログ運営について、読者に役立つ情報を発信していこうと思います。
趣味で、パソコン自作や、プログラミングの経験がほんの少しだけ。
著作権に関する記事については、条文や専門家の意見を確認し、判例もなるべく読むようにしましたが、間違いがある場合はお知らせください。

ロキド@ブログ歴3年をフォローする
ブログの運営方法
スポンサーリンク
ロキド@ブログ歴3年をフォローする
芸術家の黄色いアトリエ

コメント

タイトルとURLをコピーしました