オタクなら見ておくべきアニメベスト3

オタクなら見ておくべきアニメ 趣味や遊び
この記事は約2分で読めます。

数百作品のアニメを見てきた私が、オタクなら見ておくべきアニメを発表します。
オタク向けなので、メジャーな作品から少しずらしたランキングです。

第1位『レベルE』

  • 2011年放送 
  • 全13話

『幽☆遊☆白書』や『HUNTER×HUNTER』で有名な冨樫義博さんの漫画が原作。マンガ連載は1995~1997年で、コミックスは3巻で完結です。
連載終了からしばらくたってアニメ化されたが、時代に関係なく今見ても面白いと思います。

内容は、宇宙人が地球にやってくるのですが、その宇宙人が王子で天才なんだけど、バカで性格が悪いので、周りの人に迷惑をかけたりするお話です。
冨樫さんの趣味が全開で、SFやゲーム、オカルト要素が入り混じった作品です。

「少し斜め上をいく面白さ」なのでオタクなら見ておくべき!

 

第2位『アクセル・ワールド』

  • 2012年放送 
  • 全24話

『ソードアート・オンライン(SAO)』で有名な川原礫(かわはられき)さんのライトノベルが原作です。
SAOと世界観が似ているので、SAO好きならアクセル・ワールドも面白く見れると思います。

ストーリーは、仮想現実である加速世界でバトルを繰り広げていく感じです。
なので、ARやVRに興味がある方は特におすすめです。
ただ、アクセル・ワールドの主人公は、SAOのキリトと違い、小柄で肥満なイジメられキャラです。なので、好き嫌いはあるかも。

もっと先へ『加速』したいオタクなら見ておくべき

 

第3位『刀語』

  • 2010年放送 
  • 全12話(1話1時間)

『化物語』などの物語シリーズで有名な西尾維新さんのライトノベルが原作です。
島育ちの世間を知らない主人公と、ちょっとドジな女の子が12本の刀集めの旅に出る物語。
主人公が刀の所持者らと戦い、1話ごとに刀を1本づつ集めていきます。

キャラデザインは、好き嫌いが分かれるところ。
それと、言葉遊び的なセリフやノリツッコミなど、独特の言い回しがあるので、これを苦痛に感じる人もいると思います。

「チェリオ!」

 

まだ見てない方へ

アニメオタクなら3作品共、すでに見たことあると思います。
まだ見てない方はいないと思いますが、U-NEXTなどで見ることができますのでどうぞ。
海外の違法サイトを見て、ウイルスに感染するようなこともないので安心です。

※本ページの情報は令和2年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました