ロキドの私生活

北海道でブラックアウトを経験!停電に備えて各家庭での対策は?

投稿日:9月 6, 2018 更新日:

こんにちは

ロキド(@Rokido1)です。

2018年(平成30年)9月6日の北海道胆振東部地震の影響で、北海道全域は停電になりました。

いわゆるブラックアウトです。

私の住んでいる地域は丸1日ぐらいで復旧しましたが、その間不自由な生活をしいられました。

 

ブラックアウトを経験して感じたことは、電気がないと何もできないということです。

それと、スマホがすごく役に立ちました。

 

災害はいつ起こるかわかりません!

なので、ブラックアウトで経験したことを元に、対策を考えたいと思います。

 

北海道でのブラックアウトの経験と対策

電線のある鉄塔食事

最近はオール電化住宅も多く、食事の支度をする時も電気を使用します。

なので、停電のときはご飯も炊けないし、おかずもつくることができなくなる家庭が多いと思います。

ガス機器を使用している家庭でも、電源を必要とする場合は使えませんので注意です。

 

冷蔵庫の食品は、停電が長時間続くと廃棄しなければいけなくなります。

今回のブラックアウトでは、食料品が腐るまえにバーベキューをして食べた人も多くいたみたいです。

私は、買ってきたパンで過ごしましたが、やはり暖かいものが食べたくなりました。

 

食料対策としては、停電が長引いたり食料が手にはいらない場合に備え、非常食を備蓄した方がいいと思いました。

非常食は3日~1週間分くらい準備し、カセットコンロなどがあれば、なお良いと思います。

 

私の住んでいる地域では断水はおきませんでしたが、停電で断水することもあります。

特に、マンションなどに住んでいる方は、ポンプが動かず断水することがありますので注意です。

 

断水対策としては、飲み水の備蓄などを普段からしていたほうがいいと思います。

人は1日約3Lの水分を必要としますので、飲料用にペットボトルの水を買い置きします。

トイレは、風呂の水を溜めておくか、簡易トイレを備蓄する。

 

明かり

北海道でブラックアウトが起きた時、日の入りが18時ぐらいで、日の出が5時くらいでした。

この暗闇の間、本当にすることがなく寝るしかなかったです。

電気がない時代は、こんなにもゆったりとした時間の流れを過ごしていたのかと思うと、

いつから人はこんなにも忙しくなったのだろう?と人生について考えてしまいました。

 

懐中電灯はもちろん、ランタンやヘッドライト、乾電池で使える照明があると便利です。

ロウソクや、食用油などを明かりにしてもいいですが、火の取り扱いには注意です。

 

自動車の運転

停電の時は、信号も機能していません。

ですが、どうしても外出しなければならない時もあると思います。

実際に私は、別の所に住んでいる家族の元へ自動車で向かいました。

 

正直、停電時の自動車運転は、神経を使いますのでメチャメチャ疲れます。

 

はたして大丈夫なの?とちょっとドキドキして出発しましたが、みんなが譲りあったりして意外と車の流れはスムーズでした。

クラクションをうるさく鳴らす人とかも見なかったです。

もちろん、交通量の多い交差点などは特に注意が必要です

 

通りかかったガソリンスタンドは列ができてました。

燃費の面からは空になってからガソリンを入れたほうがいいと思います。

しかし、災害に備えて普段から余裕をもってガソリンを入れておくとべきだと感じました。

 

買い物

商品を買う時にお金を払いますが、停電の時にレジが使えるかが問題になります。

自宅近くのスーパーでは店頭で限られた商品を販売してましたが、店員が電卓を使用して商品の金額を計算していました。

日々キャッシュレス化が進んでますので、現金をあまり持ち合わせていない人は困ったと思います。

キャッシュレスのほうが効率がよいのですが、普段から現金をある程度持っておいた方がよいかもしれません。

 

ブラックアウトでも電気を使いたい場合

お金に余裕のある方は、以下のような停電対策も可能だと思います

  • ソラーパネルを設置
  • 発電機を買う
  • ハイブリット車や電気自動車を利用する

 

 

停電時にスマホがすごく役に立つ

便利なスマホスマホは情報を入手するのに便利

ブラックアウトになった時、自宅ののWiFiは使えませんでしたが、外部のネット環境は普通に使えました。

なので、スマホで各地の停電の状況を知ることができました。

ラジオでも情報を入手できますが、ピンポイントで知りたい情報を知ることはできません。

スマホの場合、ツィツターなどのSNS見れば、みんなの書き込みから、○○地区が停電から復旧したとか細かい情報も知ることができます。

あと、市町村のホームページを見れば避難先の状況や、施設の利用状況などもすぐ知ることができます。

家のブレーカーを落とせばいいかわからないという時もググったり、聞いたりすることができます。

 

家族との連絡に便利

友人や、家族の安否や状況を知るため、電話をかけても相手がでないことってありますよね。

災害時のゴタゴタした時など、お互いのタイミングが合わないとコミュニケーションが難しいです。

その点、LINEなどを使うと、夜中でも伝えたいことを送ることができます。

メッセージを送っとけば、相手の都合のよいタイミングでメッセージが伝わります。

 

ライト機能も便利

皆さんのスマホにも、懐中電灯の機能がついていると思います。

普段の生活の時にも、暗い道を歩いたり、暗い所で物を捜す時に使えます

停電になった時もすぐ手元にある場合が多いので、とても便利な機能です。

 

仕事もできる

パソコンで、文章を書いたり、仕事をしている人も多いと思います。

私はブログを書くことを日課にしています。

もし停電時、パソコンが使えなくても、スマホがあれば、だいたいの作業ができてしまいます。

 

でも、スマホでの作業に慣れてないとダメですね。

スマホでブログ記事を少し書いてみたのですが、うまく入力できないし遅かったです。

なれたら、そこそこのスピードで書けそうです。

 

スマホの充電手段

スマホを長時間使用しているとすぐバッテリーが無くなりますので、充電できる方法を確保する必要があります。

  • ノートパソコンのバッテリーからUSB接続により充電
  • シガーソケット充電器があれば車から充電
  • モバイルバッテリー
  • 地方自治体などの充電設備

 

 

【まとめ】今すぐ家庭で停電対策をしよう

ブラックアウトになった時、私はすぐ復旧すると思っていましたが、現実は丸1日停電になりました。

今までは停電といっても数時間で復旧していたので、どうせすぐ直るだろうという油断があったと思います。

 

そして、電気のない不自由な生活を送ることで、電気がインフラとして大切だということを強く感じました。

最近本当に、日本各地で大きな地震が頻繁に起きているので、自分の地域は大丈夫と思わないほうがいいです。

突然、その日はやってきます。

 

今すぐブラックアウト対策をしましょう。

いえ、停電対策だけではなく、いろいろな災害に備えましょう。

 

いきなり、すべての対策をすることは難しいかもしれません。

まずは、非常食だけでも家庭に備蓄しておいてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

-ロキドの私生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カルカソンヌ

【本体+拡張】『Carcassonne Big Box』を安く買う方法

こんにちは ボードゲームに最近ハマっている、ロキド(@Rokido1)です。 ボドゲの中でも有名なのが、『カルカソンヌ』です。 この『カルカソンヌ』ですが、 慣れてくると拡張が欲しくなってきます。 で …

ヘッドホンをするお姉さん

sonyのノイズキャンセリングヘッドホン『WH-1000XM2』レビュー

こんにちは ロキド(@Rokido1)です 初めて値段が高め(約3万円)のヘッドホンを買ったのですが、思った以上にいろいろな機能がついていて、その進化に驚きました。 ヘッドホンとかに興味ない人は、「た …

Ingress(イングレス)は、アニメよりゲームアプリが面白い!

こんにちは。 ロキド(@Rokido1)です。 最近、Ingress(イングレス)というアニメを見たのですが、 あまり面白いとは思えませんでした。 数年前、イングレスのゲームを少しだけプレイしたことが …

古代遺跡

古代遺跡?石山緑地公園は札幌市の散歩スポットとしておすすめ

こんにちは 札幌市に行ったら、必ずラーメンを食べるロキド(@Rokido1)です。 札幌といえば、時計台、テレビ塔、大通り公園周辺などが観光スポットとして有名です。 大通り公園でとうきび食べたり、のん …

アニマリス・リジデ・プロペランス

テオヤンセン展で動くビーストを撮ろう!ミニビーストやグッズもあるよ。

こんにちは ご飯を食べて動く生命体、ロキド(@Rokido1)です。 札幌でテオヤンセン展を見てきたので、その様子を紹介したいと思います。 テオヤンセン展 期間 2019.7/13(土)~9/1(日) …