ブログの作成×デザイン×SEO

永遠に読まれないブログ記事とはさよなら。SEOにも強いタイトルの決め方。

投稿日:

こんにちは

ロキド(@Rokido1)です。

記事のタイトルを決める時、本当に悩みますよね。

私がブログを始めた当初は、記事を書き終わってから適当にタイトルを決めてました。

これでは、タイトルを見ても内容がまったくわからないので、検索結果に表示されることはありません。

 

つまり、誰にも読まれないのです。

誰にも読まれない記事を永遠と書き続ける私は何だったのでしょうか?

答えは『ゴミ記事生産マシーン』です。

 

そうならないために、

永遠に読まれないブログ記事とはさよならをし、SEOにも強いタイトルの決め方を解説しようと思います。

合言葉は、

「ゴミ記事生産マシーンをぶっ壊す」

 

【実例から学ぶ】SEOにも強い記事タイトルの決め方

チェックリスト

では、読まれるタイトルにするにはどうすればいいでしょうか?

検索結果上位に入れば、おのずと読まれやすいですし、読まれれば検索結果が上がると思います。

ならば、実際に検索結果上位に表示されている記事タイトルの共通点を調べてみればいいと思いました。

 

なので今回は、『ブログ 記事 タイトル』で検索し、上位表示された10記事のタイトルを検証しました。

結果、タイトルを決める際に、4つ大事なことがあることがわかります。

『ブログ 記事 タイトル』の検索結果上位10記事

  1. Webライターなら知っておくべき「読まれる記事タイトルの付け方7選
  2. [ブログ]記事タイトルの付け方とは? 駄目タイトル素敵になる手順を公開
  3. SEOに強い効果的な記事タイトルの付け方【ブログ・アフィリエイトで使えるコツを合わせて紹介】
  4. 10個の実例から学ぶ!読まれるブログ記事タイトル6つのルール
  5. 記事タイトルの付け方】読まれやすい魅力的な記事タイトル12秘訣
  6. 実際にPV数が増えた記事タイトルの付け方パターンTOP3
  7. ブログ記事タイトルの付け方講座!「読まれるため」の5つポイントを徹底解説!
  8. 効果的な記事タイトルの付け方まとめ!魅力的なタイトルに変えるだけで、あなたの文章はもっと読まれるようになります。
  9. ブログ記事タイトルのつけ方に悩むあなたへ贈る4つアドバイス
  10. 読まれる記事タイトル10個の例を紹介!思わずクリックしてしまうコツ

 

① キーワードを入れる

キーワードを入れることは、ブログ初心者にとって一番大事だと思います。

今回『ブログ 記事 タイトル』で検索しましたので、これがキーワードですね。

検索結果に表示される記事タイトルには、ほぼキーワードが含まれていることがわかります。

なので、記事のタイトルにはキーワードを入れるようにします。

このことを知らないと、記事をクリックされる以前に、検索結果に表示されません。

 

ただし、初めは複数のワードからなる『ロングテールキーワード』を狙いましょう。

例えば、『ブログ』1語だけのキーワードを狙っても、上位表示されるわけありません。

レベル1の勇者がいきなり、ボスに戦いを挑んでいるようなものです。

『ブログ 記事 タイトル』のように3語ぐらいのキーワードにします。

ここらへんの話は、SEO(検索エンジン最適化)の知識が必要ですので、学習することをオススメします。

 

② 役に立ち、得する情報を入れる

検索する時は、知りたいことがあるからです。

なので、読者は記事タイトルをみて、自分にメリットがあるか一瞬で判断します。

例えば、「~の方法」とか「~のコツ」と書かれていれば、役立つ情報があるとわかります。

今回の例では、10記事すべて『読まれるタイトルになる』というメリットを、いろいろな表現で読者に伝えています。

 

③ 記事の文字数は30字前後

記事のタイトルが長すぎると、検索結果には省略表示されてしまいます。

すると、途中で切れたタイトルでは、読む人に意味が伝わらない可能性があります。

なので、文字数は30字前後にし、大事なキーワードはタイトルの前の方に入れた方がいいです。

 

先ほどの上位10記事のタイトル文字数を調べると、以下のように30前半が多いです。

28,30,31,33,33,34,36,38,48,56

他のブログ記事を見ると、28文字や34文字以内にするべきと書かれているものもありますが、文字数にこだわり過ぎて文章のつながりがおかしくなってもいけません。

 

④ 数字を入れる

タイトルに数字を入れることで、記事の内容をイメージしやすくなります。

無理に入れる必要はありませんが、上位10記事中7記事のタイトルに数字が含まれていました。

例えば、「3選」、「5つ」などの数字を使うと、厳選した感じがしませんか?

逆に、「ベスト50」などだと、網羅性があります。

他にも、「80%」などデータの数字を使うと、信頼性があがります。

 

 

タイトルに使えるテクニック

驚くキツネザル

先ほど、タイトルの決め方で、重要かつ基本的なこと4つを書きました。

他にも、記事の内容によって使えそうなテクニックがありましたので紹介します。

 

好奇心を刺激し、インパクトのある言葉を使う

相手の心を揺さぶるような、言葉を使います。

例えば、読者をあおるようなタイトルにしてる記事を見たことがあると思います。

何か気になって、つい記事の内容を読みたくなるやつです。

 

この記事のタイトルにも、「永遠に読まれないブログ記事とはさよなら」というフレーズを使ってみました。

少しは、興味を引いたと思います。

結果、あなたがこの記事を読んでいるということは成功ですね。

 

早くて簡単にできる言葉を使う

「1日たった5分」とか、誰でも簡単にできそうな言葉をタイトルに入れます。

これを、ダイエット、家事、学習などの記事に使うと、ついクリックしたくなりませんか?

人間は、面倒くさいことを嫌い、楽をしたい生き物です。

 

読者ターゲットを決める

例えば、専門記事を初心者から上級者まで満足できるように幅広い内容で書くとします。

しかし結局、初心者には難しい部分があるだろうし、上級者には省略してもいい部分があると思います。

それでは、全体的に読者の満足度が下がる結果になります。

 

先ほどの検索結果上位10タイトルの中に、「Webライターなら」という言葉がありました。

このように、ターゲットを絞ることも効果的です。

記事のターゲットにされた人は、自分に言われている感じがして記事を見てしまうからです。

そして、記事の内容はターゲット向けなので、読者の満足度を上げることができます。

 

 

【まとめ】ブログ記事は、読みたくなるタイトルに!

記事は中身が大事ですが、どんなに良い記事でも読まれなければ意味がありません。

また、どんなにタイトルが良くても、内容が違ったり薄ければ、すぐ離脱されると思います。

そうならないために、内容のある記事を書き、読みたくなるようなタイトルにする必要があります。

 

この記事を読んで、良いタイトルを書けるようになったでしょうか?

最後の確認用に、タイトルの決め方をまとめておきます。

もう一度、

「ゴミ記事生産マシーンをぶっ壊す」

【まとめ】SEOにも強い記事タイトルの決め方

  1. キーワードを入れる
  2. 役に立ち、得する情報を入れる
  3.  記事の文字数は30字前後
  4.  数字を入れる

【まとめ】タイトルに使えるテクニック

  • 好奇心を刺激し、インパクトのある言葉を使う
  • 早くて簡単にできる言葉を使う
  • 読者ターゲットを決める

 

 

-ブログの作成×デザイン×SEO
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルサーバー

MixHostとXserverを比較。WordPressでブログ書くなら?

こんにちは、ロキド(@Rokido1)です。 ブログをWordPressで運営する時に、mixhost(ミックスホスト)とxserver(エックスサーバー)のどちらにしようか悩む人も多いと思います。 …

WordPress(ワードプレス)でブログ作成の時、パーマリンク設定してる?

こんにちは パーマン6号のロキドです。 wordpressを導入してブログを作成しているのですが、 初心者には罠が仕掛けられているのを、最近気づきました。 それは、パーマリンクです。   パ …

カメラ

SNSやブログに他人が写った写真をアップしていいの?

こんにちは ロキド(@Rokido1)です。 SNSやブログで個人が発信できる時代になり、インスタで写真を投稿する人も多いと思います。 ですが、写真を撮る時、背景に知らない人が写りこんでしまう場合もあ …

エッフェル塔

建物の写真を撮ってネットにアップしても著作権の侵害にならない?

こんにちは ロキド(@Rokido1)です。 写真を撮る時、背景に建物が写りこむ場合があると思います。 有名な建物の場合、それ自体を被写体にして、ブログやインスタにアップしますよね。 それって、著作権 …

初心者がWordPress(ワードプレス)でブログを始めても大丈夫か?

こんにちは 永遠の初心者のロキドです。 WordPressって難しいイメージありますよね。 「初心者だけど大丈夫かな~」と不安になります。 結論をいいますと   大丈夫です。君ならできる。 …