ロキドの自己啓発

『常識』の意味がわからない!非常識の私はどうすればいいの?

投稿日:10月 19, 2018 更新日:

こんにちは

非常識人を自覚している、ロキド(@Rokido1)と申します。

誰だって社会人になると一度くらいは言われたことあると思います。

 

「常識ないね」

 

そんなの知らないよと思いますが、そもそも常識って何でしょうか。

辞書などには、「一般の社会人が共通にもつ、普通の知識・意見や判断力」などと書かれています。

 

ですが、私は少し違うように考えていて、

「常識とは、ある一定のコミュニティに属する人が共通にもつ、普通の知識・意見や判断力」だと思います

例えば、勤めている会社の常識が自分に合わなかった場合を考えてみます。

そこの会社の常識に慣れる努力をするのもいいですが、無理なら別の常識のコミュニティに移ればいいだけです。

 

常識について、何者でもない私の考えより、博識のある方の意見を聞きたいと思います。

相対性理論で有名なアインシュタインは、常識についてこのように述べています。

常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう

このことから、常識はさほど重要でなさそうな感じがします。

では、私たちは常識とどう向き合っていけばいいのか考えたいと思います。

 

 

常識がない場合や、わからない場合どうなるの?

仲間外れコミュニティでは、そこの常識を持つ人が多数をしめています。

なので、常識がない場合や、わからない人は不利益な場面が多々あります。

例えば、今の日本社会は最低でも高校を卒業するのが常識で、多くの人が大学に進学してから社会人になると思います。

少数派の中卒の人は、一般的には良い企業に入ることさえできません。

 

また、他の人と違う常識のない行動をしていると、変な奴だと思われてしまいます。

すると、仲間外れにされたり、陰口をたたかれたりイジメの標的になります。

 

常識のない人は、同調圧力の強いこの国では、生きづらさを感じながら過ごすことになります。

 

 

常識に従う意味はあるのか

いろいろな人々では、常識は従ったほうがよいのでしょうか?

しかし、働いている会社により常識が違ったり、世界の国々では常識が全然違います。

日本では車は左車線が常識ですが、右車線の国もあります。

また、日本では一般的にスレンダーな女性を好むと思いますが、ふくよかな女性を美しいとする国もあります。

 

常識は、その人がどのコミュニティに属するかにより違ってくると思います。

 

また、悪い習慣が常識として続いている場合もあります。

例えば、世界では身分制度などが常識として残っている国があります。

その国の人々は、昔からの制度なので当たり前に思いますが、他の国の人々からみたら非常識です。

このように、常識に従えばよいというわけでもありません。

 

 

世の中の常識は変えることができる

手に絵具をつけた女の子世の中の常識に疑問を持ち、ビジネスとして成功した例はあります。

例えば、ZOZOTOWNです。

ZOZOTOWNといえば、アパレルをオンラインで買うことができるサービスです。

以前は、お店に足を運び、試着などして服を買うものだという常識があったと思います。

私も、ネットで服を買う人はそんなにいないと思っていました。

 

しかし、今はネットで服を買う人は増え、年間数百億円を売り上げる大企業です。

常識にとらわれない会社経営をして成功した例といえます。

この会社は今までの常識に疑問に持ち、ビジネスを通して世の中の常識を変えました。

 

つまり、常識は変えることができるものでもあります。

 

 

【まとめ】自分なりの答えを持つことが大切

集団の一員として生活する場合、ある程度の常識を持つ方が、個人としては生きやすいとは思います。

しかし、常識は場所や時代により変わるものなので、頭の隅に置いておくぐらいでよいのではないでしょうか。

令和の時代では、昭和世代の常識は非常識になっていきます。

 

私は世の中の常識にどんどん疑問を持つべきだと思います。

そして、自分なりの答えを持つことが大切です。

常識に疑問を持った時、それがビジネスチャンスになったり、何かの発見につながるかもしれません。

自分が属しているコミュニティの常識が合ってないなら、自分で常識を選べばよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

-ロキドの自己啓発
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

決断疲れする情報化社会でのインフルエンサーの仕事とは何か?

こんにちは インフルエンザーのロキドです。 最近、インフルエンサーという言葉をよく聞きます。 一般的にフォロワー数が多くて影響力のある人のことですよね。 ロキド ♪ブンブンブン ブンブンブン ブンブン …

辞書には載らない、本当の『貧乏暇なし』の意味を知ってる?

こんにちは カネの亡者、ロキド(@Rokido1)です。 『貧乏暇なし』という言葉をみなさんは知っていると思いますが、 辞書にはこのように説明されています。   「貧乏なので朝から晩まで働か …

相談したいぐらい人生に悩みを持つ人がフォローすべき著名人

こんにちは。 人生に生きづらさを感じているロキド(@Rokido1)です。 だれだって、仕事や心の悩みを抱えて生きています。 そんな人に生きるヒントをくれて、 悩みを軽減してくれる方々を紹介します。 …

【不登校】なぜ、学校へ行かない生き方が普通にならないの?

こんにちは 大人になって学ぶことが楽しくなってきてる、ロキド(@Rokido1)です。 みなさんは、学校生活楽しかったですか? わたしは、そんなに楽しくもなかったけど毎日通ってました。   …

【個人で稼ぐ時代】会社員が向いてない人でも生きていける!

こんにちは ロキド(@Rokido1)です。 私は、何回か転職して気づいたことがあります。   それは、会社員は自分には向いてないことです。   どうも、長続きしないです。 役に立 …