中二病アーティストのコタン

人生をアートに!私のアーティスト活動や日常の雑記ブログです。

ロキドの自己啓発

GIVEから始める幸せな生活

投稿日:11月 7, 2018 更新日:

こんにちは

Rokidoです。

普段、親しい人や知り合いにプレゼントを送ることはありますか?

私は、あまりないです。

でも、プレゼントすると相手も喜んでくれますし、

自分にもメリットがありますので積極的にしたいとは思います。

 

なぜ自分にもメリットがあるかというと、

相手に物や有益な情報などをプレゼントすることにより、

自分にも返ってくることがあるからです。

なので、積極的にGIVEすることは、

自分を幸せにすることでもあります。

 

 

GIVEは見返りを求めてはダメ

GIVEする時に気をつけたいことは、

見返りを求めて下心丸出しではダメです。

そのような考えは、相手にもなんとなく伝わります。

 

また、返ってくることを期待してプレゼントすると、

返ってこない場合ガッカリすることになります。

なので、TAKEを期待せずGIVEすることが大事です。

 

 

損得を考えずGIVEから始めよう

見返りを求めず、

相手にプレゼントをしてみましょう。

すると、相手は恩を感じることになりますので、

お返しをしたいと思うでしょう。

私は損得を考えずプレゼントするのが、一番得すると思います。

なので、機会があれば積極的にGIVEしましょう。

 

ネットの世界でも同じです。

ツイッターの場合は、有益な情報をGIVEすることにより、

フォロワーになってくれます。

フォロワーが増えないのは有益な情報を与えてないからです。

教えてクレクレ言う方には、人は集まりません。

 

 

相手が喜ぶものをプレゼントする

何でもかんでも相手にGIVEすればいいというわけではありません。

相手が喜びそうなものをプレゼントします。

例えば、自分のいらない物を一方的に送り付けても迷惑なだけです。

 

すごく嬉しい物をプレゼントされたら、

相手に感謝して、お返ししたくなるものです。

お互いがWIN-WINの関係になるのが理想ではないでしょうか。

 

 

私が何気なくGIVEしたら返ってきた話

よく考えずに、コンサートチケットを多く買ってしまったことがあります。

私はコンサート当日まで余ったチケットをどうしようか迷っていました。

困ったすえ、講演が始まる数時間前に知り合いを誘うと、

行きたいということなので無償でプレゼントしました。

誰も行かないよりは、

誰かに使ってもらったほうがいいと思ったからです。

見返りはぜんぜん考えていませんでした。

 

後になって、

私が働いていない時に、

その知人に仕事を紹介してもらいました。

そして、その職場には何年かお世話になります。

 

この経験で、

相手にGIVEしたら返ってくることを知りました。

 

 

小さなGIVEを積み重ねよう

会社員の人は、同僚と飲むこともあると思います。

相手が後輩だったら、奢ることもあるでしょう。

正直、お金はあんまり払いたくないですよね。

でも、たまにはここで思いっきりGIVEしましょう。

 

いつか返ってくるかもしれない

 

と思えば少しは払いやすくなります。

このようなGIVEの積み重ねが、

後から自分に大きく返ってくると思ってます。

 

 

 

-ロキドの自己啓発
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クレカさん。会社に電話かけてきたら困ってしまうよ

 独立前にクレカを作る?   社畜を辞めて独立を模索している私です。 会社に在籍していた方が クレジットカードの審査か通りやすいと考え いまのうちに作ることにしました。   クレカ …

騒音に悩まされたので、防音のためヘッドホンを買ってみた。

目次1 騒音気になりませんか?2 騒音を我慢できるか?3 騒音を無くせないのか4 耳を塞ぐ物を探す5 ヘッドホンを買って感動する 騒音気になりませんか? マンションやアパートに住んでいる場合、 隣や上 …

継続は力なり。毎日を1.01倍にしよう。

こんにちは。 毎日が満身創痍のRokidoです。 最近、毎日継続していることはありますか? 私は、ブログをなんとか続けています。 でも続けることはすごく大変で、すごいことだと思います。   …

自分の名前でスモールビジネスのススメ

こんにちは ロキドです。 会社勤めの人あるあるで どうしても気が合わない上司っていますよね。 自分に合う、合わないで 理不尽なことがあったり 自分の成長や仕事の結果に影響します。   &nb …

絵を描いて戦う、LIMITSデジタルアートバトル。

最近、デジタルアートバトルというイベントを知りました。 ほとんどの人は初めて聞いたのではないでしょうか。   絵で戦う?   と思うかもしれません。 はい、名前の通り絵を描いて戦い …