世間のイメージでホリエモン(堀江貴文)が嫌いな人は損をしている

ホリエモン(堀江貴文)が嫌いな人は損をしている 自己啓発
この記事は約4分で読めます。

ホリエモン(堀江貴文)が嫌いな人は多いかもしれない。
私も、昔は彼に対してあまり良くない印象でしたが、今はかなりリスペクトしていて、「合理的でフラットな考えを持つ人」という印象です。
世間のイメージだけでホリエモンが嫌いな人は、損をしていると思います。
なぜなら、彼の思考を学ぶことが、これからの生き方のヒントにつながるからです。

ホリエモンを嫌いな人が多い理由

ホリエモンが嫌いな理由の一つとして、他人を見下すような発言が多いことだと思います。
ツイッターとか見たら、「バカ」「ボケ」「クソ」と普通に言ってますので。
たぶん数えきれないぐらいのクソリプがホリエモンに来ると思いますので、それに対して丁寧に答えてられないという理由もあると思います。

ライブドアの時は、とにかくメディアを騒がせました。
選挙へ出馬、ニッポン放送買収、プロ野球球団買収など。
目立つことや、金儲けが好きという印象を世間に与えたと思います。

なにより、ライブドア事件で捕まったことがイメージを悪くしてしまってます。
しかし、どのような罪で彼が捕まったか、しっかりと理解している人はほとんどいないと思います。
私もなんとなくしか理解してません。
一般的には『犯罪者=悪人』ですが、検察が恣意的(自分勝手)に彼を逮捕したとしたらどうでしょうか?
社会派ブロガーのちきりんさんは、検察が逮捕したがる類型の、成り上がりの例にホリエモンを挙げています。

“検察が逮捕したい人”一覧 - Chikirinの日記
検察が極めて恣意的に“逮捕したい人を逮捕する”ことに、多くの人が気づき始めています。新聞やテレビなどのマスコミは“検察の広報部隊”と化しているので、この点についてネットメディアの意義は非常に大きいと言えます。 今日は“検察が逮捕したがる人の類型”をまとめておきます。 類型1:内部告発者、裏切り者 一時は自分達の仲間だっ...


検察の権力について、ちきりんさんもヤバいと言っていますが、ホリエモンもYouTubeなどで度々問題提起しています。
例えば、カルロス・ゴーンさんとの対談は記憶に新しいと思います。

レバノンでカルロス・ゴーンと対談しました(2020/3/6)
レバノンへ行って前日産自動車会長のカルロス・ゴーンと会ってきました。 現在の心境や日本の司法システムについて思うことなどを聞きました。 対談は英語で行われています。YouTubeの字幕機能をONにしてご覧ください。 PCでは右下から設定、スマホのアプリからは右上のボタンからから設定してください。 ブロマガで質問に...

ホリエモンのここがすごい

『ホリエモンは金持ち』というイメージを持っている人が多くいると思います。
実家もどうせ金持ちでしょと。
実際は、福岡県のごく普通の家庭の、クセが強い両親の元で育ったようです。
東京に出てきてからは、パン工場のバイトを1日で辞めたり、ヒッチハイクしたり、案外普通の大学生活をしています。

ではなぜ、今のホリエモンが出来上がったのかというと、情報をインプットする量と、行動力がハンパないからだと思います。
ネットを駆使し様々な情報を浴びることで、少し先の未来を見ながら圧倒的に行動するので最強です。


ロケット事業に関しては、ライブドア時代から計画が進められていました。
ライブドア事件でかなりの時間をロスしましたが、日本の民間企業では初めて宇宙空間到達に成功しています。
ホリエモンより自由な時間がある人は多くいましたが、ホリエモンより行動力が勝る人は日本にはいなかったということです。
刑務所に入っていた時でも、ネットにつながらないので大量の本を読み、メルマガは止めることなく書いていたそうです。

近年は予防医療にも関心を持ち、ピロリ菌やHPV(ヒトパピローマウイルス)などが原因の病気で人々が死なないよう啓発しています。
コロナウイルスの時は、専門家と対談しウイルスに対する理解を深めています。

仮想通貨に関しても、早くからビットコインに注目し、2014年には「イーサリアムやべぇ」とも発言しています。
その後、2017年末から2018年にかけて仮想通貨バブルともいえる高騰がありました。
もし、2014年頃に仮想通貨を買っていたら、何十倍、何百倍となっていたと思います。

体形から運動しないイメージを持つ人がいるかもしれませんが、ゴルフ、スノボーなど様々なスポーツを楽しみ、トライアスロンの大会にも出場しています。
ホリエモンの親しい人たちが、ホリエモンについて語っている動画がとても面白かったので紹介します。

実は電話してくる!? 関係者3人がホリエモンの“裏の顔”を暴露! @takapon_jp
ビジネス界のトップインフルエンサー・堀江貴文さん。今回はそんな堀江さんの関係者のみなさん(齊藤健一郎さん/箕輪厚介さん/三戸政和さん)をお招きして、堀江さんの知られざる一面(=ホリエモンの横顔)を語り合う座談会を実施。 「実はキッチリしてる!?」 「実はネットの声を気にしてる!?」 「実は電話してくる!?」 そし...

【まとめ】ホリエモンから学ぶことは多い

ホリエモンは、一般人の何倍もの密度の人生を送っているように思います。
東大合格に始まり、会社上場、選挙出馬、テレビ局買収失敗、プロ野球球団買収失敗、ロケット打ち上げ成功、YouTubeチャンネル登録100万人以上など。
どれか一つでも経験していたら、すごいと思われるものばかりです。

私は、彼の著書『ゼロ』を読んでホリエモンのイメージが変わりました。
ホリエモンも、普通の人間なんだと。
それと共に、私の中の常識が大きく変化しました。
ホリエモンが嫌いな人は、ぜひこの本を読んでほしいと思います。
アンチからファンに変わるかもしれません。

アマゾンオーディブルでは、『ゼロ』を無料で聞くこともできます。
登録は数分で終わるので、まだ音声コンテンツを試したことがない方はどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました