mixhostとConoHa WINGを比較したらどっちもNo.1だった件。

ブログの運営方法

MixHostとConoHa WINGを比較したらどっちもNo.1だった件。

2月 6, 2021

mixhostとConoHa WING双方良いサーバーなのですが、どちらと契約しようか迷っている人も多いと思います。
特に初心者は、サーバーの機能一覧を見てもよく解らないですよね。
なので、それぞれのサーバーの特徴を簡単に説明したいと思います。
その前に、両サーバーともディスク容量や転送量などによりいくつかのプランに分かれますが、ほとんどの方は1番安いプランで充分です。

  • mixhost → スタンダードプラン
  • ConoHa WING → ベーシックプラン

参考 プランごとのPV数の目安を教えてください(mixhostヘルプ)

ですので、一番安いプランで契約することを想定してmixhostとConoHa WINGを比較したいと思います。

記事の最後にお得な情報もお知らせするよ
ロキド画伯

mixhostとConoHa WINGの特徴

mixhost

mixhostは、元アフィリエイターの方が創ったサーバーです。
日本に良いサーバーが無いと感じ、自分でサーバー会社を始めたので、こだわりが感じられます。
例えば、LiteSpeed、HTTP/3などの技術をいち早く取り入れ、バックアップ無料も他の会社より早かったのではないでしょうか。
障害が多いという噂を耳にするかもしれませんが、最新の技術を積極的に導入している影響もあるのかなと思います。
私自身mixhostを使用していますが、気にならないレベルです。
アダルトサイトNGのサーバー会社が多い中、mixhostはアダルトサイトもOK。
コントロールパネルは世界シェアNo.1のcPanelを採用しているのですが、多機能過ぎて使いづらいという意見も有ります。
mixhost公式ページでお試し体験できるので、サーバー契約する前に確認することも可能です。

体験 コントロールパネル「cPanel」(mixhost公式)

第三者機関による調査結果

  • アクセス処理速度満足度No.1
  • 表示スピード満足度No.1
  • アフィリエイター&ブロガー満足度No.1

調査:日本マーケティングリサーチ機構 2019年7月

MixHostはおすすめ?評判・口コミからメリット及びデメリットを調査。
MixHostはおすすめ?評判・口コミからメリット及びデメリットを調査。

「MixHostを契約しようか迷っているけど、実際どうなの?」 このような疑問に答えるため、MixHostを使用している人たちの評判・口コミを集めました。そして、MixHostを2年以上使用している私 ...

続きを見る

ConoHa WING

ConoHa WINGは、GMOという大手サーバー会社が運営しているので安心感があります。
料金プランは、使用した分だけ掛かる通常のプランと、ドメインがセットになった長期利用割引のWINGパックがありますが、WINGパックの方がお得なのでおすすめ。

『美雲このは』という公式キャラクターが応援団長を務めていて、正月に年賀状メールが送られてきたりします。
なので、アニメのようなキャラが好きな方は、サイト運営を続けるモチベーションが上がるかもしれません。

第三者機関による調査結果

  • アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1
  • WordPress利用者満足度No.1
  • サポートディスク対応満足度No.1

調査:日本マーケティングリサーチ機構 2021年2月

料金や契約条件を比較

mixhostのスタンダードプランと、WINGパックのベーシックプランを比較していきたいと思います。

mixhostとConoHa WINGの料金や契約条件
比較項目MixHost
スタンダード
ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
初期費用無料無料
月額料金
(36ヶ月契約)
(24ヶ月契約)
(12ヶ月契約)
(6ヶ月契約)
(3ヶ月契約)
(1ヶ月契約)
(税込)
968円
1,023円
1,078円
1,298円
1,518円
(税込)
880円
935円
990円
1,100円
1,210円
お試し期間無し
(30日間返金保証)
無し
(申込月無料)
独自ドメイン永久無料
(12ヶ月契約以上で)
2つまで永久無料
プラン変更即時可
(上位プランへのみ)
即時可
(差額返金なし)
SSL
(通信暗号化)
無料無料
自動
バックアップ
14日分
(復元無料)
14日分
(復元無料)
マルチドメイン無制限無制限
アダルト系サイト
出会い系サイト
OKNG
サポートメール
(平日:10:00~18:00)
電話、メール、チャット
(平日:10:00~18:00)
運営会社アズポケット(株)
設立 2016年
資本金 200万円
GMOインターネット(株)
設立 1991年
資本金 50億円

まず、どちらのサーバーもマルチドメインが無制限なので、複数のサイト運営ができます。
そして、SSL(通信暗号化)も無料です。
SSLは、SEO(検索エンジン最適化)的にも必須で、サイトURLがhttpからhttpsに変わります。
双方自動バックアップと復元が無料なのもありがたいです。
mixhostに関しては、物理的に離れたデータセンターに自動的バックアップされているので災害が起こっても安心。

ConoHa WINGの方が優れている点としては、独自ドメインが2つまで無料なので、気軽に2つ目のサイトをつくることができます。
そして、サポートが手厚く、料金がmixhostより少し安いことだと思います。
学割で、大学や専門学校の生徒・教職員は10%OFFになります。
参考 ConoHa学割(公式サイト)

mixhostは、運営会社の規模が小さくて心配な気もしますが、スピーディーに動きやすいというメリットもあると思います。
運用サイト数は2017年に8000でしたが、2020年には200,000まで増えましたので、まさに成長中のサーバーと言えます。
ちなみに、私が契約した時はプランのダウングレードもできたのですが、今はできなくなっています。
参考 数字で見るアズポケット(アズポケット公式)

サーバー性能を比較

mixhostとConoHa WINGのサーバー性能
比較項目MixHost
スタンダード
ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
ディスク容量SSD 250GBSSD 300GB
CPUXeon36コア
72スレッド
(アカウント毎は
仮想4コア)
非公開
メモリ256GB
(アカウント毎は
4GB)
非公開
転送量目安18TB/月27TB/月
サーバーソフトLiteSpeedApache + nginx
高速化技術・HTTP/2
・HTTP/3
・LiteSpeed Cache
・QUIC
・HTTP/2
稼働率99.99%保証(SLA)99.99%保証(SLA)

ディスク容量とはサイトデータを保存できる量のことで、ConoHa WINGの方が50GB多いです。
でも、ほとんどの人はこんなに使い切れないので、あまり気にしなくてもよいと思います。
このブログは200記事近く書いているのですが、それでもディスク使用量は0.25%程度なので。

CPUやメモリは、高速に多くのアクセスを処理する役割をはたします。
しかし、通常のレンタルサーバーは共用で使用していますので、他のユーザーの影響を受けることがあります。
mixhostはアカウントごとに独立して制御していますので、他のユーザーの影響受けないようになっています。
ConoHa WINGの場合、他者の影響を受けないようにするには、リザーブドプランという特殊なプランで契約しなければいけないので割高かなと思います。

参考 リザーブドプラン(ConoHa WING公式)

転送量は、サイト閲覧などでのデータ送受信量ことで、アクセス数が多いほど必要になってきます。
mixhostの方が9TB/月ほど少ないですが、100万PV/月超えるようになってから考えてもいいレベルだと思います。
例えば、このブログの転送量は1日数100MBなのですが、仮に1日1GBだとしても月30GB程度です。

単位(MB,GB,TB)

1GB=1,000MB
1TB=1,000GB

バズらない限り問題なし
ロキド画伯

サーバーソフトは、nginxよりLiteSpeedの方が速いと言われていますので、mixhostの方が優れているように感じます。

サーバーソフトの種類

  • Apache(アパッチ) → 安くて遅いサーバーに使用されている
  • nginx(エンジンエックス) → 高速に大量処理が可能
  • LiteSpeed(ライトスピード) → Apacheと互換性があり、WordPressに適している

高速化技術は、HTTP/3に日本初対応するなどしているmixhostに分があるように思います。
ただし、ConoHa WINGも独自のチューニングなどにより高速化されていますので、大きな差は感じないと思います。

稼働率に関しては、双方99.99%のサービス品質保証(SLA)を導入していますので、保証値を下回ると費用の一部が返されます。
気になったのが、mixhostはサーバー契約しなくても障害情報を確認できるのですが、ConoHa WINGはサーバー契約しないと確認できないようです。

参考 サービス品質保証制度(ConoHa WING公式)

MixHostのセキュリティ対策をレンタルサーバー各社と比較。
MixHostのセキュリティ対策をレンタルサーバー各社と比較。

「MixHostとサーバー契約を考えてるけど、障害に関する情報が多いのが気になる」 このように思いサーバー契約に踏み出せない人もいると思います。 長い時間かけて育てたサイトが消えたり、改ざんされたらイ ...

続きを見る

【まとめ】サーバーは好みで選ぼう

mixhostとConoHa WINGを比較してみましたが、両方とも充分すぎるほどのスペックが有ることがわかります。
なので、初心者がブログを始める場合は好みの方を選べばOK。
表示スピードに関してもどちらも早いと評判ですので、あまり気にしなくても良いと思います。

サーバー選びのポイント

mixhostがオススメな人

  • アダルト系や出会い系サイトを運営したい
  • 最新の技術を積極的に導入している方が良い

ConoHa WINGがオススメな人

  • 大手の方が安心
  • 料金が少しでも安い方が良い
  • 2つ目のサイトを気軽に運営したい
  • サポートが充実
  • 美雲このはに応援してもらいたい

初めてワードプレスのサイトを運営する方は、すんなり設定できるのか心配だと思いますが、安心して良いです。
初心者でも簡単に始めれる便利なサービスが両サーバーにあります。
サーバー契約と同時に、ワードプレスのインストール、独自ドメイン、SSLなどの設定が自動的にされますので、無料ブログを始めるのとさほど変わらない難しさだと思います。
mixhostなんかは「90秒でWordPressサイトをスタート」と記載されているほど。

昔は結構面倒くさかったよ
ロキド画伯

参考 WordPressクイックスタートご提供開始のお知らせ(mixhost news)

参考 WordPressかんたんセットアップ(ConoHa WING公式)

最後にですが、サーバー契約する時は、セルフバック、キャンペーン、クーポンなどを利用するとお得になりますので、以下の記事を参考にしてくださいね。

MixHostはクーポンコードとセルフバックを併用し割引!キャンペーンとも比較。
MixHostはクーポンコードとセルフバックを併用し割引!キャンペーンとも比較。

こんにちは。サーバー契約で、うっかり損をしてしまったロキドです。 MixHostと新しく契約する方は、クーポンコードとセルフバック、またはキャンペーンを使えばお得にサイト運営を始めることができます。 ...

続きを見る

コノハウィングはキャンペーン、クーポンコード、セルフバックを利用し契約!
コノハウィングはキャンペーン、クーポンコード、セルフバックを利用し契約!

レンタルサーバーのコノハウィングは、どのような方法で契約するのが一番お得なのか調べてみました。 利用できる割引サービス 2021年6月19日現在 Early Summer キャンペーン このとも(クー ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ロキド@ブログ歴3年

ブログ運営について、読者に役立つ情報を発信していこうと思います。 趣味で、パソコン自作や、プログラミングの経験がほんの少しだけ。 著作権に関する記事については、条文や専門家の意見を確認し、判例もなるべく読むようにしましたが、間違いがある場合はお知らせください。

おすすめ記事

ブログやYouTubeで本の紹介をする時の著作権。要約は違反? 1

多くの人が、ブログ、YouTube、SNS等で買って読んだ本の紹介をしていると思います でも、著作権に注意しないと、著作権侵害で損害賠償を求められる可能性があることをご存知でしょうか? みんな知らずに ...

クリップ スタジオ ペイント(クリスタ)を一番安く購入する方法。 2

クリップスタジオペイント(クリスタ)は、世界で800万人以上も使用している人気グラフィックスソフトです。 でも、購入方法がいろいろあって、パッと見ただけではよくわからないですよね。 なので、クリスタの ...

ワードプレス初心者は、おすすめされるサーバーを契約してはいけない 3

これからちょっと意地悪な話をしますので、不快に思う人がいるかもしれません。ですが、初めてサーバー契約する方には知ってほしいことです。 ワードプレス初心者がレンタルサーバーを決める時、人気ブログやおすす ...

-ブログの運営方法
-, ,

© 2021 ガハック