国民年金のクレジットカード払いはポイント対象?楽天カード、nanaco等。

国民年金のクレジットカード払いはポイント対象?楽天カード、nanaco等。 自己啓発
この記事は約4分で読めます。

国民年金のクレジットカード払いは、保険料がポイント対象のカードを選べば、一番おすすめな支払い方法です。

国民年金を前納する場合、クレジットカード払いと口座振替では、口座振替の方が割引率が高くてお得なような気がします。
ですが、クレジットカード払いは、ポイントを含めて考えると一番お得です。
以下の表は、クレカ払いと口座振替の前納の金額を比べました。
カードの還元率が1%の場合、ポイント分を引くとクレカ払いの方がお得なことがわかります。

6ヵ月分1年分2年分
クレカ
(1%)
98,430円
(984P)
194,960円
(1,949P)
383,210円
(3,832P)
口座振替98,110円194,320円381,960円

クレカ払いが一番お得なことがわかりましたので、支払いできるクレジットカードの種類と、nanacoで支払えるかどうか調べたいと思います。
そして、毎月保険料を支払った場合とクレカで前納した場合、30年間ではいくらの差がでるか計算したいと思います。

支払いできるクレジットカード

支払いできるクレジットカード

国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書のクレジットカード一覧によると、以下のクレカが利用可能です。
ただし、ポイントを付与しないカードや、通常より還元率が悪くなるカードがありますので、各カード会社のサイトでご確認ください。

  1. アメリカン・エキスプレス → 還元率は通常の半分0.5%(公式HP
  2. イオンクレジット → 還元率0.5%(公式HP
  3. NC日商連
  4. OC
  5. Orico
  6. セゾン
  7. JCB
  8. セディナ
  9. ダイナースクラブ → 還元率は通常の半分0.5%(公式HP
  10. ジャックス → 還元率0.5%(公式HP
  11. 東急
  12. トヨタファイナンス → 還元率1%(公式HP
  13. 日専連
  14. 三井住友 → ポイント付与対象外(公式HP
  15. 三菱UFJニコス
  16. UCS → 還元率0.5%(公式HP
  17. ライフ
  18. 楽天カード → 還元率1%(公式HP
  19. UC
  20. VISA
  21. Master

 

国民年金のnanaco払い

クレジットカードで国民年金を支払う場合、年金事務所で手続きをする必要があります。
でも、手続きが面倒くさいと感じる方や、継続的にはクレカで支払いたくない方もいると思います。

その場合、クレジットカードでnanacoをチャージし国民年金を払えば、クレカのポイントを貯めることができます。
ただし、ポイントが貯められるクレカは限られますし、前納のように1度の支払いが高額な場合は、nanacoの限度額の関係で支払い手続きが複雑なようです。
それに、保険料額が30万円を超える納付書はコンビニでは支払いできません

なので、すでにnanacoを使い慣れている方以外は、あまりおすすめしません。

 

 

楽天カードで2年前納の場合いくら得するの?

楽天カードで2年前納の場合いくら得するの?

多くの方が利用している楽天カードの、ポイント還元率は1%です。
楽天カードで2年前納を繰り返し計30年間支払ったとしたら、毎月ごとに支払った場合と比べて、いくら得するでしょうか?
ただし、計算しやすくするため、保険料や物価の変動を考えず、令和2年の保険料で計算します。

毎月保険料を30年間支払った場合

1ヵ月の保険料は16,540円として、以下のような計算になります。
16,540円×12ヵ月×30年=5,954,400円

 

2年前納で30年間支払った場合

クレカ払いの2年前納額は383,210円で、15回払えば30年分です。
383,210円×15年=5,748,150円

支払った額100円に対して1ポイント付くので、57,480ポイントもらえます。
そして、支払った額からポイント分を引くと、30年間で支払う保険料は実質5,690,670円です。

5,748,150円-57,480ポイント=5,690,670円

 

毎月ごとに保険料を支払う場合と、クレカで2年前納した場合では、30年間で263,730円も支払いに差があります。

5,954,400円-5,690,670円=263,730円

 

 

【まとめ】お得なクレカ払いで前納しよう

国民年金を支払っている方は会社員ではないので、毎月の保険料の支払いに苦労している方も多いと思います。
でも、毎月納付する方法だと、一番多く保険料を支払ってしまってます。

なので、お金に余裕のある方は、クレジットカードで前納する方法をおすすめします。
ただ、クレジットカード払いは一括のみなので、限度額や残高が足りなくなることのないよう注意しましょう。

クレジットカード払いへの変更手続きがわからない方は、以下の記事をどうぞ。

国民年金のクレジットカード払い(手数料無)への変更手続き。郵送も可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました