ロキドのアート活動

あの有名絵画も著作権保護期間が切れていればフリーに使えるって知ってた?

投稿日:

こんにちは

ロキド(@Rokido1)です。

昔の有名な絵画の画像を、自分のホームぺージに利用したり、Tシャツなどに印刷して商用利用したいと思ったことありませんか?

でも、著作権のことがよくわからないので、怖くて利用できずにいた人も多いと思います。

そのような問題を解決するために、著作権のことを調べてみました。

 

なんと、多くの有名絵画がパブリックドメインになっていて、フリーに使うことができます!

もちろん、商用利用もOKです。

 

ゴッホ、ドラクロワ、ミレーなどの絵画作品をフリーに使えるってすごくないですか?

ピカソはダメですけど。

では、どの画家の作品ならフリーに使うことができるか、法的な部分を説明したいと思います。

 

著作権の保護期間が切れてフリーに使えるのはいつ?

 ジョルジュ・スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』

日本では、著作者の死後70年で著作権の保護期間が切れて、フリーに利用することができます。(著作権法第51条)

この保護期間が切れ自由に利用できる著作物を、パブリックドメインと言います。

ちなみに2018年12月30日から、「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定」により、保護期間は原則50年から70年になりました。

 

では、海外の作品はどうでしょうか?

海外の著作物は、主に「ベルヌ条約」によりお互いに保護されています。

ベルヌ条約とは

同盟国の国民の著作物及び同盟国で最初に発行された著作物を保護する条約

  • 創設 1886年(日本は1899年加入)
  • 加入数 177国(2019年現在)
  • 内国民待遇 外国人の著作物に、自国の国民に与えている保護と同様の保護を与える
  • 無方式主義 著作物を作った時点で、自動的に著作権が発生すること
  • 遡及 条約発生前の著作物も、保護期間内であれば条約を適用する
  • 最低保護期間 死後50年

つまり、海外の著作物も保護期間が経過すれば、パブリックドメインとして利用できます。

ただ、ベルヌ条約では最低保護期間は死後50年になっていて、国により保護期間が異なります。

もし相手国が日本より長い保護期間であっても、内国民待遇により70年になります。

日本より保護期間の短い国の著作物の場合は特例で、相互主義により相手国の保護期間だけ保護されます。(著作権法第58条)

世界各国の著作権保護期間の例

  • メキシコ 100年
  • アメリカ 70年
  • 欧州連合加盟国 70年
  • 中国 50年

 

外国の著作物を利用する時に気をつけるのは、戦時加算があることです

私はこのことを知って驚きました。世の中は令和になったのに、まだ昭和の戦後の決まりが活きていることに。

敗戦国である日本は、連合国側の著作物を利用する時に保護期間が延びます。

理由は、日本が戦時中に連合国側の著作物を保護していなかったからで、15か国に対してそれぞれ加算されます。

例えば、アメリカの著作権の保護期間は70年ですが、これに3794日戦時加算されるそうです。

戦時加算は、サンフランシスコ平和条約で定められたことなので法的に変更するのも困難らしく、なかなか解消できないようです。

なので、外国の作品をパブリックドメインとして使いたい場合、詳しく調べる必要があります。

参考 → 外国の著作物の保護は?(公益社団法人著作権情報センター)

 

 

パブリックドメインになっている有名絵画を利用しよう

ウジェーヌ・ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』

個人でその絵画がパブリックドメインなのか調べるのは面倒くさいし、戦時加算などもあるので不安です。

そんな時に活用したいのが、パブリックドメインを公開しているサイトです。

個人で画像を集めたようなサイトもありますが、美術館が所蔵作品のデジタルデータを公開しているサイトもあります。

美術館でパブリックドメインを公開しているなら、安心して利用できます。

海外の美術館はどんどんパブリックドメインを公開する流れなので、探せばいくらでもあります。

作品の中には、著作権の保護期間内でも権利を放棄し、パブリックドメインとして公開しているものもありますので、利用方法はよく読んだ方が無難です。

では、パブリックドメインを利用できるサイトをいくつか紹介します。

 

メトロポリタン美術館

https://www.metmuseum.org/art/collection

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『糸杉と麦畑』

アメリカのニューヨークにある世界最大級の美術館。

約406,000作品がパブリックドメインとして公開されています。

ただ、サイトは英語ですし、作品を検索する時も英語ですが、ブラウザのChromeで自動翻訳すれば何となくわかります。

画像の左下にパブリックドメインと表示してあれば、クレジット表記なしで自由に利用できます。

 

愛知県美術館

https://jmapps.ne.jp/apmoa/index.html

グスタフ・クリムトの『人生は戦いなり(黄金の騎士)』

愛知県美術館所蔵

国内では愛知県美術館がコレクションを公開しているのですが、パブリックドメインの表示がある作品と、ない作品が混じっていてわかりづらいと思います。

パブリックドメイン表記は、作品詳細ページの画像左下に小さく書かれています。

利用方法については、所蔵者名の表記、トリミング・改変の表記、第三者の権利の許諾を求めています。

 

パブリックドメイン美術館

http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/index.html

ジャン=フランソワ・ミレーの『落穂拾い』パブリックドメインの絵画画像を集めたサイト。

西洋絵画や浮世絵が多く、とてもわかりやすいのだが、運営者が不明なので信頼性が落ちるのが残念

 

 

パブリックドメインを利用する時の注意

エゴン・シーレの『緑のストッキングで横たわる女』

パブリックドメインは誰の許可を得ることなくフリーに使うことができますが、著作者人格権には注意する必要があります。

著作者人格権とは、著作物を創作した著作者が精神的に傷つけられないよう保護する権利のことです。

著作者人格権は譲渡できず本人だけのものですが、著作者が亡くなった後でも著作者人格権の侵害してはならないとされています。(著作権法59条、60条)

 

著作者人格権はいくつかありますが、特に気をつけるのは同一性保持権です。

同一性保持権は、著作者がその著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする権利です。(著作権法第20条)

また、著作者の名誉又は声望を害する方法によりその著作物を利用する行為は、その著作者人格権を侵害する行為とみなされています。(著作権法第113条7項)

つまり、パブリックドメインだとしても、著作者を精神的に傷つけるような利用の仕方はできないということです。

 

それと、パブリックドメインとして公開されている絵画のように、そっくりそのまま撮影している場合は、新しく写真の著作権は発生しないので自由に使うことができますが、

絵画の写真にカメラマンの創作性が感じられる場合、新たに写真の著作権が発生するので注意が必要です。

例えば、特殊な撮影をしていたり、画像が加工されているなどなど。

この場合、絵画がパブリックドメインになっていても、二次的著作物は自由に利用することはできません。

 

 

【まとめ】絵画の著作権が切れていれば商用利用も可

  • 日本では、著作者の死後70年経過でパブリックドメインになるので、フリーに使える。
  • 海外の著作物は各国により保護期間が決まっていて、戦時加算などもあるので注意。
  • 美術館で公開しているパブリックドメインは安心して利用できる。
  • パブリックドメインになっても著作者人格権があるので、著作者を精神的に傷つけるような利用はさける。

-ロキドのアート活動
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アライグマのイラスト

【トレパク問題】イラストや写真をトレースしたら著作権侵害?

こんにちは。ロキド(@Rokido1)です。 絵を描くときに、他人が描いたイラストや、他人が撮った写真を参考にすることもあると思います。 トレースしてパクることをトレパクと言うそうですが、トレースや模 …

似顔絵を描く男性

芸能人や有名人の似顔絵イラスト販売は肖像権、著作権的にダメ?

こんにちは ロキド(@Rokido1)です。 よく、芸能人や有名人の似顔絵イラストを描いている人いますよね。 あれって販売しても肖像権とか著作権的に問題ないのでしょうか?   もちろん問題あ …

【SUZURI】パンダキャラのスマホケース&イラストの書き方

こんにちは 中二病アーティストの、ロキド(@Rokido1)です。 パンダキャラのスマホケースをデザインしたので、 パンダ好きな方は是非ご覧ください。 それと、パンダの書き方がわからないという人のため …

【SUZURI】アップロードした画像素材を削除する方法

こんにちは 中二病アーティストのロキド(@Rokido1)です。 オリジナルグッズをつくれる『SUZURI』というサイトで、 自分がデザインしたTシャツなどを販売しています。 『SUZURI』は、画像 …

【GMOペパボ】SUZURI全体の売上はどれくらいあるの?

こんにちは ロキド(@Rokido1)です。 『SUZURI』というサイトで、 オリジナルグッズを作っているのですが、 クリエイターにとって気にかかることがあります。 それは、   『SUZ …

こんにちは。ロキド(@Rokido1)といいます。

最近、部屋が汚いのでメルカリで断捨離中です。
ある程度キレイになったら、精力的に絵やデザイン活動をしていこうと思います。

このブログ『芸術家の黄色いアトリエ』のサーバーは、MixHostの半永久プランを使用していますので、半永久的に書き続ける覚悟で運営してます。
ちなみに、半永久プランは期間限定募集でした。