記事はPRを含みます。

ブログの運営方法

SNSやブログに他人が写った写真をアップしていいの?

お祝い写真

こんにちは、ロキド(@Rokido1)です。

SNSやブログで個人が発信できる時代になり、インスタで写真を投稿する人も多いと思います。
ですが、写真の背景に、知らない人が写りこんでしまう場合もあると思います。

では、他人が写っている写真をSNSに投稿しても問題ないのだろうか?

結論から言うと、人物を特定できないように配慮して写真を使うべきです。

 

 

他人が写真に写る場合、どの法律が関係するの?

2体の銅像

他人が写った写真をネットに公開する場合、肖像権の問題になります。

肖像権とは、「自分の写真を勝手に撮られたり公表されない権利」です。

肖像権について、法律に書かれているわけではなく判例によって認められています。

しかし、この権利をガチガチに守るとちょっと不便です。
被写体の人物に撮影と公開の許可を得れば問題ありませんが、人数が多い場合や、知らない人の場合、許可を得るのは難しいと思います。
例えば、人が多く集まる祭りなどの写真が撮れないことになります。

なので社会生活上の受忍限度を超えなければ肖像権の侵になりません。

 

 

肖像権の侵害になる場合とは

自撮りする2人の女性

では、この受忍限度を超える場合とはどれくらいでしょうか?
以下が、肖像権の侵害になりやすい場合と、ならないと思われる場合です。

受忍限度を超えて肖像権の侵害になりやすい場合

  • 被写体の人物がメインに写っている
  • 人物が特定できる
  • 被写体が子供の場合。子供への犯罪防止のため。
  • 被写体が不利益な状態で写る場合

肖像権の侵害にならないと考えていい場合

  • 撮影が予想される場所(観光地など)で、被写体が風景の一部として写っている。
  • 人物がぼやけたり、後姿で特定できない場合

 

 

【まとめ】SNSなどに投稿する場合は相手に配慮する。

写真の場合、一枚一枚状況が違いますので、明確に肖像権に違反しているとは判別しづらいと思います。
つまり、ケースバイケースです。

ですが、肖像権の侵害にならなくても、写真に撮られたり、公開されるのが、嫌な人はいます。

なので、人物が特定できないようにするか、許可を得て撮影と公開をしましょう。

自分が写真を投稿する場合、肖像権を侵害すると損害賠償請求される可能性があることを肝に銘じるべきです。
もし勝手に、自分が写真に撮られ投稿された場合は、サイト管理者、プロバイダ、弁護士、専門機関などに相談しましょう。

 

おすすめ記事 → ブログ運営者のための著作権&肖像権入門

-ブログの運営方法
-