ロキドの自己啓発

何か新しいことを始めるのに遅すぎることはない。行動で半分成功。

投稿日:10月 14, 2018 更新日:

こんにちは

ロキド(@Rokido1)です。

皆さんは、最近新しく始めたことはありますか?

私はいろんなことに挑戦していますが、その1つはブログです。

しかし、「ブログはオワコン」とか言われていますし、いまさら始めても遅いように感じます。

それに、どの分野でもそうですが、すでに確固たる地位を築いている人達が存在します。

 

スポーツや、起業をするにしても、絶対に勝てないと思うような相手がいると思います。

例えば、ブログを書く場合、すでに同じジャンルで数十万のアクセス数を誇るブログもあります。

では、いまさら初めても遅いのでしょうか?

 

私は、「何かを新しいことを始めるのに遅すぎることはない」と思います。

 

なぜなら、行動し継続できれば、ほぼ成功するからです。

 

何か新しいことを始めるのは楽しい

ビルを飛び移る男性

いまさら何やっても遅いと思い行動しないでいると、いいわけをするクセがつきます。

年齢のせいにしたり、環境のせいにしたり、周りに左右される主体性のない人生を送ることになります。

それは、自分の人生のハンドルを、自分が握ってない状態です。

そんなの楽しくないですよね。

 

何かを始めたり挑戦することは、自分の人生を楽しくするために必要です。

 

でも、世の中には言い訳ばかり考えて行動に移さない人がとても多いです。

思っているだけで行動しない人が多く、半分は脱落します。

そして、行動したけど、続かない人も多いです。

うまくいかなかったり困難になると、ほとんどの人がすぐ辞めてしまいます。

なので、行動し継続するだけで上位数%になることができます。

 

もちろん、ただ続けるだけでは成長しませんので、いろいろな勉強をする必要があります。

ですが、インターネットであらゆる情報を調べることができますので、誰もが簡単に知識を得ることができてしまいます。

 

つまり、まず行動し、継続できればほぼ成功できる世の中になっています。

 

 

成功するために知るべきこと

戦略性のあるボードゲーム成功するためには知るべき大事なことがあります。

まず、他者と戦わずに、自分と戦うことです。

すごい人と比較すると、どうしても悲観してしまいます。

なので、過去の自分と比べてどれだけ成長しているかを知ったほうが有意義だと思います。

努力しても、すぐ結果がでないことはありますが、自分は成長し続けることはできます。

そして、自分の特徴を活かした戦いをしなければなりません。

 

例えば、アイドルになりたいと思ったとします。

大抵は10代の子がなりたいと思うでしょう。

売れるアイドルになるには、その他大勢の女の子と競争して勝ち抜く必要があります。

逆に50代や60代でアイドルになりたい人は少数です。

なりたいと思う人はほぼいないでしょう。

なので、50代や60代でアイドルを名乗れば、競争相手がいないブルーオーシャンで戦うことができます。

 

次に、人々の需要を考えることが大事です。

自分がある分野で一流になれたとしても、需要がなければ自己満足で終わりです。

例えば、小学生の時からスポーツを始めて、大人になる頃には日本でトップレベルになれたとします。

これが、サッカーや野球なら、プロの選手になり何億円も稼ぐことが可能です。

しかし、マイナーなスポーツでは、プロにさえなれません。

このように、何年間も時間を使っても、報酬を得れる場合と、得れない場合があります。

報酬がない場合、無駄とはいいませんが、コストパフォーマンスは低いと言わざるえません。

 

なので、ある程度需要がある分野でないと、努力しても報酬を得ることはできません。

または、需要が見込める分野を、新たに開拓するしかないです。

 

 

始めるのが遅くても活躍している方々

写真を撮るおばあさん行動するのは、何歳になっても遅くはありません。

実際にやり始める年齢は遅かったけど、活躍されている方はたくさんいます

例えば、

西本喜美子さん

現在90歳になる女性ですが、72歳の時にカメラを始めました。

面白い自撮りが話題になり、インスタグラマーとしてフォロワーが20万人以上います。

 

若宮正子さん

60代でパソコンを始めて、81歳で「hinadan」というiPhone用のアプリを開発したかたです。

アップルによる世界開発者会議に特別招待されました。

 

みなさんの周りの60代や70代の方は、スマホやパソコンに苦手意識がある方も多いのではないでしょうか。

この方々が活躍されているように、何かを始めるのに年齢は関係なく、自分の意識次第でどうにでもなることがわかります。

 

 

【まとめ】始めるのは「今でしょ」

小さい頃から何も秀でているものはなく、今から何を始めても遅いと感じる人もいると思います。

しかし、世間一般の尺度に従えば遅いのであって、自分の尺度に従えば遅くはありません。

始めたい時に始めるのが、一番いいタイミングです。

 

何か新しいこと始めたいけど、何もない人もいると思います。

そんな人は、今やっている行動を何か辞めて、暇な時間をつくることオススメします。

そして、気になったらとりあえず行動してみましょう。

みなさんも、昔の私のように周りの環境をいいわけに、チャレンジしない選択を選ばないでほしいと思います。

自分のリミッターを外せるのは自分自身です。

 

 

 

 

 

-ロキドの自己啓発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

辞書には載らない、本当の『貧乏暇なし』の意味を知ってる?

こんにちは カネの亡者、ロキド(@Rokido1)です。 『貧乏暇なし』という言葉をみなさんは知っていると思いますが、 辞書にはこのように説明されています。   「貧乏なので朝から晩まで働か …

嫌な仕事を辞めて、好きなことを仕事にするのも辛い!

こんにちは ロキド(@Rokido1)です。 私は、もう嫌な仕事は辞めて、 ブログを書いたり、絵を描いたり、好きなことを仕事にすることにしました。   なぜかというと、何社か会社勤めしました …

生産性を高めるために決断疲れをなくす方法

こんにちは 優柔不断な男、ロキドです。 みなさんも、精神的に疲れを感じることはあると思います。 それは、多くの決断をした時ではないでしょうか?   例えば、スーパーで買い物する時です。 豆腐 …

ハローワークで求職はオワコン?職業を創る時代が到来。

こんにちは 部屋にこもり、パソコンで内職しているロキドです。 昔、求職のためハローワークに通っていたのですが、 仕事を探すのは疲れますよね。   職安やジョブカフェに通い、 いろいろな種類の …

スター

【私は特別?】何者でもない自分が、何者かになるために。

こんにちは ロキド(@Rokido1)です 若い頃は、自分は何者にもなれて理想の未来がくると勝手に想像していますよね。 しかし、大人になってみると世知辛い世の中が待っています。 努力してもなかなか結果 …