中二病アーティストのコタン

人生をアートに!私のアーティスト活動や日常の雑記ブログです。

ロキドの自己啓発

SUZURIで売れない商品をデザインして思うこと

投稿日:4月 7, 2018 更新日:

 SUZURIとは

 

自分のデザインしたオリジナルグッズを作れるサイトです。

在庫を持つ必要がなく売ることができるので

大きなデメリットもなくデザインすることができます。

しかし、受注生産ですので

やはり価格は高めになってしまいます。

 

そんなサイトを利用して

いくつかデザインし思ったことがあります。

 

 

 自分は金をだして買いたいか?

 

他の人とか被らないデザインにしようとか

うけ狙いのおもしろいデザインにしようとか

考えていましたが

 

自分で苦労して稼いだお金で

このデザインの商品を買いたいかと聞かれれば

買いたくないと

自分自身思います。

 

なので、自分が金を出してでも欲しいとか

この値段でこのデザインならプレゼントしたい

思えるクオリティの作品を作りたいと思います。

 

 

 美しい絵を描ける方法

 

クオリティの高い作品をデザインするため

私がおこなっている方法を紹介したいと思います。

私は絵画鑑賞の趣味を持っています。

なので、いくつか画集などが本棚にあります。

 

例えば、フェルメールとかの画集を開いた状態にします。

フェルメールを見ることによって

審美眼が鍛えられます。

この状態で自分の絵を見ると

下手に思えてきます。

あたりまえですが

そして、美しくなるように直します。

これを繰り返すのです。

 

下記のような流れで絵を描いてみると

美しい絵が描けるかもしれません。

 

フェルメールを見る

美しい

自分の絵を見る

美しくない

絵を直す

フェルメールを見る

やっぱり美しい

自分の絵を見る

やっぱり美しくない

以下ループ

 

 

 未完成で完成

 

何度見ても自分の絵はフェルメールと比べると

稚拙に感じます。

フェルメールと同等以上の絵を描くことは無理ゲーです。

多分一生完成することはないでしょう。

なので、自分でもうこれ以上良くならないと思ったら

その絵を描くことを辞めることにします。

 

長い時間を描ければ良くなるかもしれませんが

ある程度の完成度で作品を次々描いていった方が

自分の絵を描く技量があがると思います。

 

 

 実物を見たことないけどイメージ通りか?

 

「この細い線はちゃんと印刷されるのだろうか」

「この色は、ちゃんとこの発色なのだろうか」

など

デザインしてて疑問に思いました。

このような疑問を解決しないと

クオリティの高い作品はできません。

 

例えばTシャツに印刷するにしても

印刷機やインクによって

出来栄えがぜんぜん違うと思います

本当に自分のイメージしたものが

できるのだろうか?

 

なので、デザインしたものを実際に

自分で発注してみることにします。

 

そのことによって、

自分のイメージ通りできているかと

その金額を出して買う価値があるか

を知ることができます。

 

そして、自分のデザインした物に責任を持とうと思います

 

 

 

-ロキドの自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

社畜を辞めた私の背中を押した本

2018年3月に社畜を辞めました。 実はいままで何回か仕事を変えているのですが これまでは 辞めざるえない状況になって辞めることばかりでした。 体を壊して辞める クビになって辞める やはり私に会社勤め …

イケハヤの「武器としての書く技術」を読んで

ブログの世界で有名な イケダハヤトさん 通称イケハヤ。 高知県在住のプロブロガーです。 このメガネ先輩は、都会で消費せずに 田舎はいいよとアピールしています。 私はもともと北海道に住んでいるので 都会 …

no image

インスタを始めようと思ったら、写真をネットにアップしていいのか気になった件

今日から俺は、インスタグラムを始めました。 写真は視覚的に楽しめるのがいいですね 言葉はいらない 外国人にCOOLとか言われてみたいです。      名もない彫刻   街 …

使用していない物を所有する価値はあるのか?

こんにちは Rokidoです。 最近、本当に物欲がなくなってきて、 欲しいものはなく、いらない物はどんどん手放しています。 みなさんの自宅にも、使っていない物はありませんか? 読みそうにない本。買った …

no image

エリートニートになるには?

 アニメネト充のススメを見ていたら 主人公は、自分から会社を辞めたエリートニートと言っていました。 そんな言葉があるんですね。     私も、エリートニートになりたい。 &nbsp …