ロキドのアート活動

SUZURIでオリジナルグッズを販売するデメリットとメリット

投稿日:

こんにちは

ロキド(@Rokido1)です。

画像1枚アップロードするだけでオリジナルグッズを販売することができる『SUZURI』で

実際に商品を販売してみた結果、

私が感じたメリット・デメリットを書こうと思います。

 

結論から言うと、

『SUZURI』でオリジナル商品を販売してみたいけど、

どうしようか迷っている方は、

1度商品を作って販売してみることをお勧めします。

自分に合わなければ、すぐやめることもできますので。

 

『SUZURI』のデメリット

悲しげな幼女①なかなか売れない

オリジナル商品を販売するハードルが低くなった分、

たくさんのクリエイターが参入してきます。

その数は、2019年2月現在で14万人超です。

なので、商品をデザインして販売するだけでは、まず売れないと思ったほうがいいです。

売れるには、SNS等で宣伝をする必要があります。

 

②商品のクオリティを確認できない

商品を自分で直接確認することなく販売できるため、

細かいクオリティを確認することはできません。

クオリティを確かめたい場合は、

自分の商品を買う必要があります。

 

③決まられた種類のオリジナルアイテムしか作ることができない

2019年6月現在、25種類のアイテムから作成可能

  • アノラック
  • ロングスリーブTシャツ
  • ウォッシュTシャツ
  • クージー
  • Tシャツ
  • リンガーTシャツ
  • フルグラフィックTシャツ
  • フーディ
  • スウェット
  • コーチジャケット
  • スマートフォンケース
  • クリアスマートフォンケース
  • 手帳型スマートフォンケース
  • トートバッグ
  • サコッシュ
  • マグカップ
  • タオルハンカチ
  • ブランケット
  • ステッカー
  • 缶バッジ
  • ノート
  • アクリルブロック
  • 吸着ターポリン
  • ベイビーロンパース
  • ベイビービブ

 

④商品の値段が高めで、送料もかかる

大量生産するわけではなく、

注文があった分だけ商品が作られます。

1個注文があったら、1個作られる。

なので、1つの値段が高めになってしまいます。

アイテムごとに原価も決まっていて、

それ以上安くすることはできません。

セールの日は、自分のトリブンを減らすことなく商品が安くなりますので、

上手に宣伝してガンガン売りましょう。

 

⑤商品が届くまで時間がかかる

受注生産のため、

商品をつくる分時間がかかります。

なので、amazonなどで商品を買うより時間がかかることになります。

 

⑥アイテムの種類ごとにトリブンを設定できない

商品の値段は、原価+自分のトリブンになります。

同じ画像でいろいろな種類のアイテムを作成する場合も、

トリブンが一緒になります。

例えば、1つの画像でTシャツと缶バッジを作れば、

原価の低い缶バッジが割高に感じてしまいます。

 

 

『SUZURI』のメリット

陽気なお姉さん①手軽にオリジナルアイテムができる

会員登録し、画像1枚アップロードするだけで、

様々なオリジナルアイテムを販売することができます。

ただし、細部にこだわる場合は、

アイテムの種類ごとに推奨サイズの画像を用意する必要があります。

 

②お金がまったくかからない

会員登録、商品販売も、お金を払う必要がありません。

アイテムが売れると、

『SUZURI』とクリエイターに利益がでるような仕組みです。

なので、商品を販売して赤字になるようなリスクはありません。

 

③在庫を持つ必要がない

在庫を持つと、

場所代や、売れ残りリスクがあります。

オンデマンド方式なので、

必要な時に必要な分だけつくります。

 

④商品を梱包、発送する手間が必要ない

自分のショップの商品が売れると、

工場で製作されたアイテムが直接お客様の元へ届きます。

なので、自分で商品を梱包、発送する必要がないので、

デザインに集中することができます。

 

⑤お客様に個人情報が知られることはない

アカウント表示のみで販売できますので、

お客様に名前や、住所が知られることはないです。

 

 

【まとめ】SUZURIを始めてみよう

これといってリスクはなく、

画像を1枚アップロードするだけで

簡単にオリジナルアイテムが販売できます。

お金はまったくかかりませんし、

面倒くさい作業とかもありません。

クリエイターは商品のデザインと値段を設定するだけです。

 

なので、オリジナル商品を販売してみたい人は、

1度作ってみてはどうでしょうか?

ただし、売れるようになるには、

デザインのクオリティを高めたり、

SNS等で宣伝したりする努力が必要です。

 

 

-ロキドのアート活動
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「日本は単一民族国家」と言う人用のTシャツ制作

 「日本は単一民族国家」ですか?   「日本は単一民族国家」 このような発言で批判を受けた方々は   中曽根康弘、山崎拓、鈴木宗男、平沼赳夫、 島居康彦、麻生太郎、伊吹文明、中山成 …

SUZURIのセールはいつ?お得にオリジナルグッズを買う

こんにちは ロキド(@Rokido1)です。 『SUZURI』というサイトでは、 簡単にオリジナル商品を作り販売することができます。 ですが、完全受注生産ため、 どうしても値段が高めになってしまいます …

【SUZURI】各アイテムの原価と取り分はいくらが適切なの?

こんにちは ロキド(@Rokido1)です。 『SUZURI』ではオリジナル商品を作る時に、 値段を自分で設定することができます。 ただ、原価は決まっていますので、自分の取り分を調整することで、 商品 …

no image

ズッキュン?

 昨日、SUZURIというサイトで 始めてTシャツなどをデザインして販売しました。    そのサイトには、ズッキュンボタンなるものがあります。 「いいね」みたいなものだと思うのですが よくわかりません …

SUZURIで初めて缶バッジをデザインし販売します

 デザインコンセプト 「ブラッククローバー」という中二病の人が見そうなアニメから発想を得ました。 主人公たちが持つ魔導書(グリモワール)にクローバーのマークが付いているのですが 主人公は世にも珍しい五 …