記事はPRを含みます。

自己啓発

【ことわざ】時は金なり(英語でTime is money)の本当の意味とは?

時計と積み重なったお金

こんにちは。

ロキド(@Rokido1)です。

ことわざで『時は金なり』という言葉があります。

一般的には、「時間は金銭のように貴重なもので、無駄にしてはいけない」という意味です。

 

しかし、本当はもう少し深い意味がありますので、一般的な意味しか思い浮かばなかった方は続きをどうぞ。

それと、現代人にとって時間とはどれくらい価値があるものなのか考えたいと思います。

 

『時は金なり』を言った人の、本当の言葉の意味は?

ベンジャミン・フランクリンの肖像が描かれている100ドル紙幣『時は金なり』は、、ベンジャミン・フランクリンの言葉「Time is money」が由来のようです。

彼は、アメリカ合衆国建国の父の一人で、政治家であり、物理学者でもありました。

現在の米100ドル紙幣に肖像が描かれているので、彼自身が時を超えてお金になってしまってます。

 

ベンジャミン・フランクリンは、時間損失は利益を得る機会の損失だといっています。

何もしていない時間は、何も失ってないようにみえるが、その分利益を得ていないので損をしているという考えです。

失った時間で、働いてお金を稼ぐこともできたし、勉強して知識を増やすこともできたはずです。

 

時間を無駄にすることは、得れるはずだった利益を失うことになるので大切にしよう

これが、『時は金なり』の本当の意味です。

 

 

現代の時間は、お金そのもの?

時計仕掛けのお金現代人にとって時間とはどれくらい価値があるものなのでしょうか?

まさに、時間は金銭であり、人によって値段が違うという残酷な事実があります。

 

『Timebank』というアプリをご存知ですか?

登録している専門家の時間を買うことができるサービスです。

それぞれの専門家の時間に値段がついていて、人気のある方は1秒あたりの値段も高くなってます。

実際に専門家の時間を使い、相談などができるので画期的だと思いました。

 

このサービスの運営はメタップスという会社で、代表者は佐藤航陽さんという方です。

彼の著作『お金2.0』はおもしろいのでおすすめです。

これからのネット社会での、お金との付き合い方がわかると思います。

 

でも、著名な方の時間が1時間あたり1,000円とかで、買えるわけがありません。

もし買えたら、買いが殺到してしまいます。

それでは、いくらぐらいで買えるのでしょうか?

 

例えば、メディアアーティストとして知られる落合陽一さんの値段を調べてみます。

私が確認した時は1秒あたり452.6円でした。

 

1秒で452.6円です。

 

1分間に換算すると27,156円1時間では1,629,360円です。

一般人の1,000倍ぐらいの価値がついています。

それぐらい、時間は大切な資源なのです。

 

このように人によって時間の値段は違います。

時給1,000円ぐらいで働いている人の感覚で、「たかだか数分」と他人の時間を無駄に奪うのはおすすめしません。

万単位の値段がついている人がいて、相手は得られるはずだった利益を失っているのです。

 

 

【まとめ】自分と相手の時間を大切にする

お金は無くなったら、稼げば増やすことはできます。

しかし、時間を失うと取り戻せません。

お金は何にでも交換できる便利な道具ですが、時間は生命活動そのものです。

時間の損失は、利益の損失であり、生命活動を失うことになります。

 

なので、お金以上に自分の時間を大切にし、他人の時間を奪うような行為もしないようにしたいものです。

また、人の時間を平気で奪う人とも距離を置きましょう。

相手はこちらの時間を平気で奪ってきます。

 

-自己啓発