お宝キーワードや、ずらしキーワードでブルーオーシャン戦略

お宝キーワードや、ずらしキーワードでブルーオーシャン戦略 ブログの運営方法
この記事は約4分で読めます。

ブログ記事を、サジェストで表示されるキーワードで書いても、検索上位になれない。そんな方も多いと思います。
当たり前です。だってみんな、同じようなキーワードで記事を書いているのですから。

そこで、お宝キーワードや、ずらしキーワードを探し、ライバルと戦わないブルーオーシャン戦略を取ることが大事です。

お宝キーワードや、ずらしキーワードを見つける3つの方法

お宝キーワードや、ずらしキーワードを見っけ

①キーワードを深堀り

ありきたりなキーワードに、何語か足したり、専門性を高めて、キーワードを深堀りする方法です。
例えば、

「アニメ おすすめ」検索ボリューム 1万~10万
 ↓
「恋愛 アニメ おすすめ 男性 向け」検索ボリューム 10~100

「アニメ おすすめ」より、「恋愛 アニメ おすすめ 男性 向け」の方が、ペルソナ(想定読者)を設定しやすく、満足度の高い記事を書くことができると思いませんか?
検索ボリュームは減りますが、ライバルも少ないので、検索上位になることができます。そして、結果的にアクセス数も多くなります。

検索するユーザーの気持ちや場面を想像して、具体的な言葉を考えましょう。
以下のような言葉を入れると、キーワードを深堀りすることができます。

  • 場所を加える(例:海外)
  • 数字や、年代を入れる(例:ベスト10)
  • ユーザーの属性を限定(例:腐女子)
  • 単語ではなく、文で入れてみる(例:オタクなら見ておくべき)
  • コアな用語や、専門用語を入れる(例:俺tueee)

②言葉の表現を変える

意味が同じでも、違う表現の言葉を同義語などと言います。
言葉を言い換えるだけで、検索ボリュームやライバルの強さがぜんぜん違います。
ライバルが強いと感じたら、違う表現に変えてキーワードをずらしましょう。

「ダイエット」検索ボリューム 10万~100万
 ↓
「痩せたい」検索ボリューム 1万~10万
「スリム に なりたい」検索ボリューム 10~100

③間接的キーワード

直接的なキーワードではなく、間接的なキーワードにずらす方法は、アフィリエイトなどに有効だと思います。
アフィリエイトの商品やサービスを紹介する時、そのまま商品名や一般的名称をキーワードにするのではなく、商品につながる様なキーワードを選びます。

例えば、「ダイエット サプリ」というキーワードで上位表示して、サプリメント紹介をしたいけど、ライバルが強かったとします。
その場合、「美 ボディ 作り方」というサプリに興味ありそうなユーザーのいるキーワードにずらし、間接的なアプローチを試みます。

 

 

ブルーオーシャンの見分け方

ブルーオーシャンの見分け方

検索結果の上位に表示されるには、記事タイトルにキーワードが含まれていることが重要です。
なので、検索結果のタイトルに、キーワードが含まれている記事数が少ないほど、ブルーオーシャンのキーワードと言えます。

検索エンジンに「allintitle:○○」と打ち込めば、タイトルにキーワード全てが含まれている記事数を調べることができます。
他に、「intitle:○○」と打ち込めば、記事中にすべてのキーワードがあり、タイトルにはキーワードの一部だけの記事数がわかります。

allintitle: → タイトルにキーワードの「全て」が含まれている記事数
intitle: → タイトルにキーワードの「一部」が含まれている記事数

当然、allintitle数よりもintitle数の方が、大きくなります
例えば、「ブルー オーシャン 戦略」というキーワードで検索すると、

「intitle:ブルー オーシャン 戦略」→ 約24,000件
「allintitle:ブルー オーシャン 戦略」→ 約4,740件

特に、allintitle数が重要だと考えていて、
検索結果の1ページ目に、キーワードの全てを含まないタイトルがある場合は、お宝キーワードと言えます。

 

 

【まとめ】お宝キーワードは想像して創造

サジェストに出てくるキーワードは、他の人も記事を書いているので、ずらすことが大切です。
ユーザーを想像して、どんなキーワードで検索するか考えましょう。

日々新しいキーワードが生まれているので、探せば必ずお宝キーワードが見つかると思います。
みなさん案外、「なんで?」と思うような言葉で検索してます。
まとめると、

  • キーワードを深堀りする
  • 言葉の表現を変える
  • 間接的なキーワードを使う
  • allintitle数の少ないキーワードを狙う

コメント

タイトルとURLをコピーしました