記事はPRを含みます。

アート活動に役立つ情報

Canvaで作成したデザインの著作権。商用利用は可能か?

Canvaで作成したデザインの著作権。商用利用は可能か?

Canvaは、プロ並みのデザインを簡単に作れるグラフィックツール。
素材が豊富なので、様々な用途のデザインを作成することができます。
ただし、他者がデザインした素材に手を加えるわけですから、その場合の著作権はどうなるのか理解しておく必要があります。

まず結論を言うと、
Canvaは、プラン関係なく商用利用可能。

元々の素材の著作者を示すクレジット表記も必要ありません。
ですが、いくつか気をつけなければならないこともありますので説明したいと思います。

Canvaで作成したデザインの著作権

完全にオリジナルのデザインの場合、制作者であるユーザー自身が著作権者になります
そして、著作物の複製や加工する権利は著作権者が専有しています。
Canvaの素材やテンプレートを利用する場合は、他者の著作物が関わるので、利用規約を守った上で利用しなければなりません。
利用規約を守れば、Canvaはプラン関係なく商用利用可能です。
ただ、無料プランで有料素材を利用したい場合は、素材単体の料金を支払うか有料プランに入る必要があります。
Canvaで作成したデザインを利用する場合の、商用利用の可否を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 完全にユーザーオリジナルのデザイン → 自由に利用が可能
  • Canvaの素材やテンプレートを利用してデザイン → 利用規約を守り商用利用も可能。
  • Canvaの素材やテンプレートを無加工 → 商用利用不可
  • AIで画像生成 → 法的に不明な部分も多いが商用利用可能

Canvaの利用例


Canvaで作成したデザインの、利用可能と利用不可の具体的な例です。

利用可能

  • 広告を掲載しているブログやホームページで利用
  • SNSに投稿
  • ポスター、広告、資料として
  • 年賀状や名刺のデザインとして
  • Tシャツのデザインとして

利用不可

  • Canvaの素材を無加工のまま販売、再配布、クレジットの取得
  • Canvaで作成したデザインをつかって商標登録
  • Canvaの素材を利用して作ったデザインのLINEスタンプ
  • Canvaの素材をストックフォトサービスなどのサイトで販売
  • Canvaのオーディオ素材を、テレビやラジオ、映画、ポッドキャスト、ビルボードなどのメディアで流すようなCM動画

Canvaの素材を無加工のままでは商用利用できないのですが、ほぼ無加工に近い状態での利用も避けた方がいいでしょう。
自身のクリエイティブが見られない場合は、無加工と判断されると思います。

ロゴに関しては、Canvaのテンプレートや素材を使ったものは、著作権侵害にあたるため商標登録できません。
一般的な図形や線を使い、オリジナルのロゴを作成した場合は、商標登録可能なようです。

画像生成AIを利用した場合の著作権

著作権侵害になる可能性は

AIで画像生成した場合の著作権は、まだ法律が追い付いてないような状態だと思います。
なので判断が難しいのですが、基本的にはAIで生成された画像が著作権侵害になるかは、類似性と依拠性があるかだと思います。

  • 類似性:既存の著作物と同一又は類似しているか
  • 依拠性:既存の著作物をもとに創作しているか

類似性は、自分が知る範囲で似ているデザインがあれば回避できますが、知らずに似てしまう場合もあります。
画像生成後に似たような画像がないか画像検索することで、著作権の侵害をする可能性を低くすることができます。
簡単なプロンプト(命令)で生成した画像を画像検索してみると、似たような画像がゴロゴロでてきました。

依拠性ですが、生成AIが何を学習データとして利用しているかも、ユーザーはよくわからないと思います。
プロンプトで著作権のない画像を元に画像生成するよう指定することで、リスクを低くすることができるかもしれませんが、Canvaでは難しいのかな。

著作権の侵害で訴えられる可能性はゼロではなさそうですね。

ロキド画伯
ロキド画伯

生成物に著作権はあるのか

Canva側は、生成物について著作権を主張することはありませんと記載されています。
そして、所有権はユーザーにありますとも記載されています。

ですが、AIで生成されたデザインが著作物として認められるかは不明です。
すごい細かくプロンプトで指示した生成物は著作権が認められるかもしれませんが、簡単なプロンプトで指示した生成物は著作権が認められないと思います。
このあたりもよくわかりません。

あと、AIを利用して生成したコンテンツは、AIで制作されたことを開示するよう規約に記載されています。
AIを利用したことが、他者にわかるようにしましょう。

曖昧模糊。

ロキド画伯
ロキド画伯

まとめ

Canva公式サイトの著作権や商用利用に関する部分を読みましたが、利用方法によっては細かい利用規約もあります。
Canvaで作成したデザインを異なる方法で利用するごとに、商用利用可能か公式サイトで確認した方がよさそうですね。

特にAIを利用する場合は、自己責任になる部分が多いと思います。
著作権などに注意してAIを利用しないと、他者とのトラブルに巻き込まれる可能性もありそうです。

-アート活動に役立つ情報
-